ターンオーバーが乱れて肌荒れに

ピーリング石鹸を使って肌荒れの原因でもあるターンオーバーを整えましょう

ターンオーバーが乱れて肌荒れに

肌は28日で生まれ変わって新しくなります。これを肌のターンオーバーと言いますが、このサイクルが乱れることによって肌荒れが起こります。なぜ乱れてしまうのか、その対策なども詳しく解説していきます。

ターンオーバーが乱れる原因

ターンオーバーの主な原因は単なる寝不足です。これが一番大きな原因なのです。ですからしっかりと睡眠時間を確保するだけで肌はキレイになっていくということがわかります。

睡眠中は脳が休み身体は修復していく作業も行われています。ここで肌はターンオーバーを促進させる働きを行いますが、寝不足になれば睡眠中のターンオーバーはスムーズに行われずにバラバラにいたるところでターンオーバーが行われているところと中途半端なところが出てきて、肌が荒れてくるのです。

さらに肌の角質がしっかりと落ちていないことで肌には細かい隙間ができてしまいます。これが敏感肌というものです。

寝不足がターンオーバーの大きな原因ですが、それ以外にストレスや栄養の偏った食事なども原因になります。要するに規則正しい生活と食事、運動、睡眠が美肌には大事だということです。

老化によってターンオーバーは28日周期より遅くなる

老化によって太り始めるのは代謝が落ちるからです。若い時は代謝が良いので太りにくいのはわかりますよね。肌も同じなのです。
代謝が悪くなればターンオーバーが狂うのではなく、「遅れる」ようになります。これで古い角質が肌に残ったままになるとどうなるかというと、くすみとして見えたり、シワの原因にもなります。

ですからピーリング石鹸などを使って余分な角質を落として正常なターンオーバーに戻してあげる事が必要になるのです。

ターンオーバーが早くなる

普通はターンオーバーは乱れたり遅くなることで肌が荒れてきますが、早まってしまう場合もあります。それはアトピーなどの皮膚疾患です。
また肌を擦り過ぎて角質が取りすぎてしまいターンオーバーが進んでしまうこともあります。

このように早く角質層がとれてしまうとまだしっかりしていない弱い肌が出てきてしまうため、外部から肌を守れずに乾燥肌になってしまうこともあります。

ターンオーバーを正常化する方法

まずは生活習慣を整えることです。身体のサイクルを正常にするには睡眠時間を確保することと、夜寝て朝起きることです。これだけで肌荒れがよくなってという方が多いのではないでしょうか。

これはターンオーバーが正常化したため肌の治癒力なども高まっている証拠です。また食事もバランスよくとること、運動などをしてストレス解消、新陳代謝の促進などもできると良いですね。

そして加齢によってターンオーバーは遅くなります。25歳以降は注意しておきましょう。正常な28日サイクルに戻すには、週に2回程度のピーリングがお薦めです。
ピーリングは自宅で簡単に洗顔で出来るピーリング石鹸がお薦めです。

ピーリングの強さがしっかりと高いドクターズコスメのドクターサニーのピーリング石鹸「AHAクリアソープ」がお薦めです。価格もドクターズコスメとしては低価格で使いやすいのが特徴です。ほかの同様のピーリング石鹸の2/3程度の価格で買えるのはお得です。