おでこのぶつぶつを治す方法

おでこのぶつぶつを綺麗にする治し方

おでこのぶつぶつを治す方法

気がついたらおでこにブツブツが大量にできていた、ということはないでしょうか。まったくニキビとか心当たりはないのに、どうやって治していけばいいかわからない、全然良くならない方のための治し方を解説していきます。

食生活、生活リズムを見直す

脂っぽいものを食べないようにするのは基本です。これが原因であるかどうかは辞めてみないとわかりません。2週間くらいは脂っぽい食事を控えて和食中心にしてみましょう。
また睡眠時間は最低でも6時間はとるようにして12時には寝るようにしてみます。これも2週間くらいは続けてみて下さい。

これで変化がなければ肌につけているものが悪いということになりそうです。

クレンジングを弱いものにする

クレンジングは油分であるメイクを落とすため、メイクよりも強い合成界面活性剤が配合されています。これは洗浄力を高めるために必要なものですが、強すぎると肌にダメージを与えます。

特に石油系などは強いのでできれば天然成分で落とすものが良いですね。あとはミルククレンジングなども敏感肌の方には適していますのでこれを試してみて下さい。

シャンプーやトリートメントはしっかり落ちてますか?

シャンプーやトリートメントが前髪に残っている場合、それがおでこに触れることによってブツブツができている可能性もあります。
まずは髪を洗い流すときにしっかりと時間をかけてでも流すこと。また前髪がチクチクおでこに当たるようでしたらそれも当たらないようにするなど刺激を与えないようにすることもやってみましょう。

できてしまったおでこのぶつぶつを治す

おでこのぶつぶつは普通に洗顔しても取れるものではありません。週に3回ほどピーリング石鹸で泡パック洗顔をしてください。角質が固まってしまったりする場合は効果が高いです。

また肌が弱ってしまった場合も、新しい肌へと促進させるターンオーバーを正常にする効果もあるので、洗顔をピーリング石鹸にするだけでも見た目が改善されるでしょう。お薦めはドクターズコスメのドクターサニーです。ピーリングの強さもしっかりしていて、価格が抑えられているのでリピーターが増えています。

お薦めピーリング石鹸

ピーリング石鹸はニキビ対策として人気がある石鹸です。フルーツ酸が配合されていて、その酸によって余分な角質を溶かして落とします。おでこのぶつぶつも同様にしてピーリングで少しずつ治すことが可能です。

使い方は泡立てて洗顔し、そのまま流さずに泡をおでこのぶつぶつに乗せたまま泡パックします。数分後に洗い流すとブツブツ部分を少しだけ除去してくれます。週に2、3回使うことで効果が感じられます。
AHAクリアソープの詳細はこちら