痩せてたるみを解消

贅肉のたるみを痩せて解消する方法

痩せてたるみを解消

たるみの原因は老化によって肉が垂れてくるからです。重力に老化は勝てないんですね。歳を取れば仕方ないですが、それは贅肉がつきすぎているからではありませんか?じゃあ痩せてたるみを解消してしまえばいいんです。ただし正しい方法でという条件付きです。垂れている無駄な贅肉を落とし、肌の弾力を向上させる、肌のたるみを解消する方法を解説します。

肌がたるんでしまう原因

単純に重力に負けて肉が垂れ下がってしまうんです。何が重力に負けてしまうのかというと、肌を維持しているコラーゲン、エラスチンが減るからです。これらの成分は肌のハリや肌自体を結合している成分です。特にエラスチンは繊維上になっていて肌を維持しています。これが減ると重力に負けて垂れ下がっていきます。

またエラスチンが減るだけでなく太ってきて贅肉の量が増えればそれだけエラスチンにかかる負担が大きくなり、たるみができる原因にもなります。だから痩せることとエラスチンを増やすことが重要になります。

食事制限は最低限にして痩せる必要がある

食事制限をすると健康面で良くないですよね。エラスチンを作るための元気が無くなってしまっては本末転倒です。だから食事制限はしないで、間食は一切やめる。
そして食事もサラダを中心にして脂を取らないようにする。ご飯やパスタ、パンなどの炭水化物もできる限りなくして1日1食程度に制限するなどが必要です。ほかの2食はおかずなどを充実してカバーしてください。

運動をメインにして痩せる

たるみの原因でもある余分な贅肉は運動をメインにして落としてください。ただし運動による消費カロリーは食事制限には到底及びません。
例えば夕食1回を抜かすだけで800kcalは削減できますが、ジョギングで800kcal消費しようとすると1時間10km程度走らないとダメです。これはきついですよね。

だから間食などをやめて食事を正す必要があります。その上で運動をしてカロリー削減を加速させ、痩せてたるみを解消させます。また運動には痩せるだけでなく、たるみ解消の大きな目的がもうひとつあります。

運動で新陳代謝をあげる

運動をすることはダイエットの目的ともうひとつ、新陳代謝を上げる目的があります。新陳代謝がよくなると、体の古い部分を外に出して、新しい細胞を作り出す働きが活発になります。
体脂肪も減る上に、さらにエラスチンの生成も活性化するのでできるだけ有酸素運動を毎日行うか、柔軟体操を行う、筋トレをするなどの努力がかなりのたるみを解消してくれます。

これをやらないでコスメやマッサージだけでたるみを解消しようとすると無理がありますし効果は持続しません。たるみの原因である老化を根本解決しないことには応急手当にしかならないんですよね。

睡眠時間は6時間以上とる

睡眠時間が減るとエラスチンはしっかりとフルパワーで生成されません。ここは健康を維持するためにも必須です。睡眠時間はできる限り6時間に近いくらいまで確保してください。
痩せてもしっかりとエラスチンが生成されないと老化によるたるみは劇的に改善されるものではありません。

コスメはコラーゲン・エラスチン生成を助けるものが良い

コスメはコラーゲンやエラスチンの生成を助けるものがよいです。
化粧水はビタミンC誘導体配合のものかAPPS配合のものが良いでしょう。美白効果が高いことも特徴で、これは化粧水の基本ですね。
さらにフラーレンが配合されているとコラーゲン生成が最高に高まります。生成能力はプラセンタの800倍と言われていて、フラーレンとAPPS配合だと最強の化粧水と言えます。

美容液はセラミドが配合されているものが良いですね。セラミドで肌の水分量がしっかりと保たれることでエラスチンが安定的に生成され維持されます。肌が乾燥すると水分量が減ってエラスチンが壊れ、コラーゲンが減少します。何よりもセラミドによる水分保持力向上が重要になります。

これらを総合的にケアしていくことで肌のたるみは解消されるでしょう。痩せて無駄な贅肉を落として、肌のハリを向上させる、これがベストのたるみ解消となります。