馬油

馬油の効能

馬油

馬油はばあゆ、ばゆのように呼ばれています。その字のごとく馬の油ですが、これが私たちの肌にとても似ていて良い成分だと言われています。現在馬油は化粧品やシャンプーなどに多く使われていて、肌や頭皮などに直接つけて効果を発揮します。馬油の効果や使い方、歴史などを詳しく解説していきます。

馬油とは

馬油馬油とは、4000年前の中国で初めて利用された馬の脂肪油です。日本には400年前に入ってきたとされています。脂としては、豚のや牛、と言ったものが食用で使われていますが、馬の脂は私たちの肌の皮脂に極めて近い成分であり、これが美容目的に使われているのです。

馬油はとても高い浸透力があります。馬油自体はまさ油といった感じですが、肌につけるとサラサラしていきます。これは私たちの皮脂と馬油がほぼ同じということ高浸透力によって皮膚の隅々まで皮脂が満たされるからです。これは皮膚表面にうすく馴染んでいく作用です。

馬油の効果

馬油の効果はいろいろあるとされていて、抗菌作用・殺菌作用があり、さらに火傷などの炎症を抑える効果があるとされていて昔からよく利用されていました。

また保温効果、保湿効果もあり、保湿系コスメにも使われたりします。またマッサージ系クリームとしても使われて血行促進効果などもあります。

このことからも馬油は肌に潤いを与え健康的な状態にしていく効果などがあることがわかります。

馬油のシャンプーが育毛に人気

馬油が含まれているシャンプーが育毛によいとして人気がじわじわ上がっています。上述の通り、馬油には血行促進効果があることから、頭皮の血行を促進して、シャンプー時に頭皮マッサージをすることで、毛根の血行促進を促す効果があるとされています。
また殺菌効果があることから、頭皮の雑菌にもよいとされていて、頭のかゆみなどにも効果的です。

特に馬油のような天然成分を配合しているシャンプーは頭皮と髪の毛に負担をかけないので、美容師たちも注目しています。特にこのシャンプーは最近人気の高い馬油シャンプーです。

馬油とアミノ酸で安全性も高いとされています。また頭皮の潤い効果も良いとのことです。

馬油の血行促進効果

特に美容関係で注目されているのは馬油の血行促進効果です。育毛関連では馬油は密かに人気のある成分で、馬油をぬることで肌に浸透し、血行が良くなっていきます。
スキンケアでも同様で、血の巡りが悪い方はこれだけでも顔色が良くなったりもしますよね。

また同時に保湿効果もあるため、保湿系成分としても配合されることがあります。馬油は人間の皮脂と似ているため、(不飽和脂肪酸が皮脂60-75、馬油60-65)このような良い効果が肌にもたらされるわけです。