メラニンとは

シミのもとになるメラニン色素とは

メラニンとは

メラニンとはシミの元になる色素

肌は紫外線や活性酸素、物理的刺激によってシミが作られます。
シミを作るのは肌のメラノサイトという細胞です。肌へ刺激があるとメラノサイトが活発に働くようになり、肌を守るためにメラニン色素を作り出します。

このメラニン色素が酸化してできるのがシミです。

メラニンが生成されないと肌が老化する

メラニン色素はシミの原因になってしまうため悪者として見られがちですが、メラニンが外部からの刺激を一気に引き受けてくれるため、肌は正常に保たれます。メラニン色素は肌のターンオーバーによって自然に排出されていきますが、紫外線に当たりすぎたりするとメラニンが多くなりすぎてシミになって残ってしまうのです。

ですから基本的にメラニンを抑制するのがシミ対策に効果的であるということがわかります。コスメにはメラニン生成を抑えることで予めシミの発生自体を抑えてしまうものもあります。メラニンの酸化をさらに抑えて、今後シミを作らないようにすることもできます。

メラニンを排出することでシミを残さない

メラニンが肌に残ってしまうとそれがシミになってしまいます。シミが出来てしまうとなかなか排出できないのでそのまま残ることがほとんどです。だからシミができたらもう消せない、というのはこのためです。

しかしシミとして色素沈着する前に肌のターンオーバーがスムーズにまわっているとシミとして沈着する前に排出ができます。このことから考えても肌のターンオーバーがしっかりと働いていることがシミとして残さない方法と言えます。

肌のターンオーバーは老化とともにどんどん遅くなります。だから30代以降シミができてしまう理由です。30代以降も肌代謝が若いころと変わらなければシミを残さないようにできます。

まずは全身の代謝を高めるために運動を日課にします。ゆっくりとしたジョギングでもいいですし、筋トレやヨガなどでもOKです。とにかく運動する時間を毎日30分とるようにしてみましょう。また洗顔では古い角質を落とすためのヒーリング石鹸を使った洗顔もお薦めです。ピーリング石鹸は余分な角質を落として新しい肌を作る働きを促進します。

そして生活サイクルを正常にすること。睡眠時間をしっかりと確保して夜寝て朝起きるというサイクルをキープすることが大切です。