ビタミンCで肌を白くする

ビタミンCは美白に必須の成分

ビタミンCで肌を白くする

黄色人種である日本人の肌を元の肌色よりも白くするのは無理ですが、無駄なくすみやシミなどを抑えて元々の明るい肌色にしていくことで肌を白くすることは可能です。
そして肌を白くするために必要なのがビタミンCです。コスメやサプリもどちらも大切ですので、外側と内側の両方から肌を白くする方法を解説します。

ビタミンC誘導体の化粧水を使う

ビタミンC誘導体は、ビタミンCの成分を肌に浸透させやすいように加工したものです。ですから効果はビタミンCと同じです。肌に浸透すると、抗酸化作用によってシミの原因を防いだり、肌の老化を抑制するなどの働きがあります。美白化粧水には多くの場合ビタミンC誘導体が配合されていて、肌を白くするために必須の成分と言えます。

20代なかばからは美白美容液もビタミンC誘導体配合のものを

20代半ばからは肌の酸化が激しくなり、シミが増え始める時期です。また10代に日焼けして溜まっていたメラニン色素が何かのきっかけで一気に出てくることろでもあります。これは多くの場合ストレスです。出てきてシミになってしまうともう手が付けられなくなってしまうため、できるだけシミとして表面化する前にビタミンC誘導体でシミ予防するのがベストです。

シミができてしまうと肌を白くするのはとても難しくなってしまいますが、予防するだけでこの期の美白ケアが簡単になります。20代半ばくらいから肌を白くする、キープするためには化粧水に加えて美容液にもビタミンC誘導体が入っているものを選びましょう。

もしなければ、高くなってしまいますがAPPS配合の美白美容液でもOKです。APPSはビタミンC誘導体をさらに浸透しやすく加工したもので、浸透力は100倍になり、抗酸化作用も当然しっかりとメラニン生成をしているメラノサイトまで届くそうです。

ビタミンCサプリメントで肌を白くする

ビタミンCは飲んでも美白効果が期待できます。実際に体に必要な抗酸化成分で、毎日多めに摂取することでシミに対抗したり、肌を酸化から守って白い肌を維持することが可能です。

どれくらい飲めばよいかというと、1日分のビタミンCサプリメントを朝昼晩と3回飲むと良いでしょう。要するに1日3日分を小分けにして摂取するということです。もともとビタミンは体で生成できないので、常に補給して上げる必要があり、過剰に摂取していなければ足りなくなってしまいます。

ただしビタミンCは水溶性なので取り過ぎると尿などで排出されてしまいます。ですから3回しっかりと時間をおいて小分けに摂取するのが理想です。

ビタミンCで肌を白くするまとめ

朝晩の洗顔後、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使ってしっかりと美白ケアをする。気になる方は美白美容液を使ってさらに美白を強化。若ければこれはまだ不要でしょう。

そして朝昼晩の食事と一緒にビタミンCのサプリを飲む。そんなに高くないので、ケチらずにサプリを利用するとよいでしょう。