シミに美白化粧水は効果ない?

できてしまったシミを消すことはほぼ不可能

シミに美白化粧水は効果ない?

シミとして出てきてしまったものは肌に色素沈着しているため、普通に美白ケアしていても消すことはできません。だからレーザー治療やハイドロキノンなどの強力なものがでているわけで、普通の化粧水や美容液ではシミが消えることはないのです。

基本的には強力な美白成分やレーザーを使ってシミ治療するのが一般的。でなければ以前問題になった白斑などが起こる可能性もあるでしょう。

では美白化粧水が無駄かというとそうでもない

では美白化粧水や美容液はできてしまったシミに効果が全くないのかというと実はそうでもありません。シミを消すほどの美白力はありませんが、シミをうすくするための働きを肌の奥に届かせることは可能なものもあるのです。
ただし劇的にシミが薄くなることはまずありません。

そのままにしていたらどんどん濃く大きくなるシミを防ぐ働きは期待できますし、できてしまったシミをわからないレベルで薄くするために働きかけるなどの効果はあるようなんですね。

だから化粧水は基本的に保湿をメインに考えない場合は美白化粧水を使い、美白美容液を使うことでシミを薄くするための下地は完成します。

美白化粧水と美白美容液はシミケアの基本中の基本

シミは消すことができないから、と諦めず、毎日朝晩の美白ケアを続けてください。
老化、ストレス、紫外線、体の酸化によってシミは日々できてしまいます。それを予防するねのは美白化粧水と美白美容液の成分です。

さらにできてしまったシミをこれ以上濃くしないようにしたり、また薄くするように働きかけます。このサポート効果があり、ハイドロキノンやレーザー治療が肌への負担を最小限にして行うことができます。当然濃すぎるシミに対しては負担が大きくなってしまいますからね。

だからこそ最小限のシミ対策で済むように、美白化粧水と美白美容液は毎日しっかり使って、美白効果の高いものを選ぶのがポイントです。ただハイドロキノンクリームを使えばシミは消せると安易に考えないほうがよいでしょう。肌への負担も大きくなりますし、一度の使用でシミは消えませんから。