トレチノインでシミを薄くする方法

トレチノインはシミを角質まで押し出す効果があります

トレチノインでシミを薄くする方法

トレチノインはビタミンA誘導体のこと。これは肌の新陳代謝を通常より早くすることができることから、ターンオーバーが通常の28日よりも早くなり、肌が剥がれてくるのです。効果が強すぎて日本では市販されていませんが、アメリカではしっかりと認可されたもので、若返り用のクリームとして使われています。

肌表面が剥がれるだけであればただのかぶれのようなものにしかなりませんが、トレチノインのすごいところは肌の内部の新陳代謝も促進して、肌の奥にあるメラニン色素を表面に押し出してくることでシミを薄くしていきます。最終的にトレチノインでシミが目立たなくなることもあり、アンチエイジングにはとても効果的です。

トレチノインのシミの塗り方

トレチノインは効果が強いので、シミ部分だけに付けます。薄めでいいのでシミからはみ出ないように綿棒などで均一に伸ばしていきます。しっかりと乾燥したら終わりです。これを朝晩の1日2回を続けます。

トレチノインを塗ると、角質層のバリアが剥がれてしまうため、そこに紫外線があたればシミになってしまいますしダメージを強く受けてしまいます。基本的にトレチノインを使用したときは日焼け止めを塗って紫外線対策をする必要があります。

またできるだけ夏場にトレチノインを使うのは避けたほうが良いでしょう。

トレチノインはすぐに効果を実感

トレチノインの効果は実に強力で、数日で角質層が剥がれていきます。当然肌に負担がかかっているため赤みが出てしまいます。無理しすぎないようにしてください。少しずつ少量を使って長期間かかると思ってトレチノインを使います。

普通はシミは消せないわけですから、それをクリームだけで消すということは相当な負担が肌にかかっているということで、シミを消すという効果がそのまま副作用として肌に出てしまうこともあり得るのです。

1日2回で赤みがひどいときは使用を中断するか1日1回夜の使用に減らしましょう。