シミの原因から考える予防方法

シミの原因にはいくつか種類がある

シミの原因から考える予防方法

シミの原因は紫外線や加齢だと思っている方が多く、最も多い原因がこれらなので間違っていません。しかし他にもシミが出来てしまう原因はいくつかあり、これらを解消することでシミを予防することが可能です。

紫外線

紫外線がシミの根本原因になります。肌は紫外線の攻撃を受けると肌の奥のメラニンを生成するメラノサイトが活発に働いて肌内部でメラニン色素をどんどん生成します。その場でメラニン色素がシミとなって出てくるわけではなく、中でとどまっていますが、あるとき一気にシミとして表面化します。

ですからまず紫外線対策はシミ予防に必須と言えます。夏にかぎらず365日日焼け止めを使うようにしましょう。また日傘、帽子なども併用しながら肌に直接紫外線が当たらないようにするのも大切です。

肌への直接的な刺激

肌に直接刺激を加えると色素沈着することでシミになります。これは極端な話で言えば洗顔でゴシゴシ洗うのもよくありません。洗顔は石鹸の泡をモコモコにして泡でマッサージするように洗うのがポイント。これも肌への刺激を最小限にするためです。

また化粧水などを塗りこんだり、コットンに染み込ませて肌をこすったり、パンパンと叩いて浸透させようとしている方は特に注意してください。これらはまったく浸透率に関係無いですし、逆にシミの原因を作っている可能性が非常に高いです。

ストレス

ストレスが体内を酸性しにて活性酸素を作るのはよく知られています。活性酸素はそのまま体を錆びつかせていき、シミを生成します。また、紫外線で出来たシミのもと、メラニンを一気に表面化させるのにも働いているようです。

特に仕事やその他で非常に大きいストレスが加わると、翌日シミができていた、ということは珍しい話ではありません。加齢ではなく若い人にもこのストレスによってシミが出てきた、ということはあるので注意してください。基本的に運動しつつストレスを溜めないように生活するのがシミ対策にも効果的です。

シミの予防方法まとめ

まず紫外線対策は夏だけでなく1年中通して行うこと。外出時は日焼け止めをしっかりと塗って夏は特に日傘必須です。

スキンケアでは肌の角質を落としてキレイにするピーリング石鹸を使い泡洗顔。その後、ビタミンC誘導体配合の美白化粧水と美容液でケア。この時は手にとって顔を抑える程度。これを数十秒続けて浸透させます。コットン等は使わないでください。

ストレス解消のために運動も心がけましょう。運動することによって新陳代謝が活発になり、シミ解消にも繋がるでしょう。また成長ホルモン分泌も期待できるため美容に運動は欠かせません。時間があれば30分ほどのタラタラジョギング、時間がなければ自宅でスクワット、腹筋、腕立て、ストレッチでOKです。

またサプリメントとしてはビタミンCのサプリを毎日朝昼晩の3回摂取することです。これによって内部からシミ予防が可能です。特にストレスが多い場合はビタミンCが足りなくなるので寝る前に4回目を摂取してもよいでしょう。私は1日3日分をこのように小分けにして飲んでいます。一度に飲んでも出て行ってしまうのて勿体無いです。小分けにして飲みましょう。

そして加齢によってシミは当然誰でも出てきます。これは仕方ないことですが、シミが大きく濃く出てくる前に、日々の美白ケアを続けることによってシミを最小限に予防することは可能です。ぜひ今日からシミ予防の方法を実践してくださいね。