肝斑の原因と消し方

肝斑とは

肝斑の原因と消し方

肝斑の特徴は両頬骨にできる左右対称のシミです。かなりハッキリとできるので気になるでしょう。
肝斑の90%が女性にでき、30~40代の女性に多くでのす。
肝斑は女性ホルモンが原因でできるのではないかと考えられていますが根本的な原因解明はできていません。

また、シミはレーザー治療である程度消すことができますが、肝斑の場合は逆にレーザー治療で悪化することがあります。

肝斑の消し方

肝斑を消すには2つの成分が利用できます。
ハイドロキノンとトラネキサム酸です。ハイドロキノンは肝斑に直接塗りこむことで美白していきます。シミに効果的なものとしてハイドロキノンに勝るものはありません。

そしてトラネキサム酸ですが、これはアミノ酸の一種で改良されたものです。多くの製薬会社が作っていて、気軽に購入することができます。トラネキサム酸はシミを作るメラノサイト活性化の要因を抑えることに使用します。女性ホルモンが原因とされる肝斑ですが、トラネキサム酸は女性ホルモンに作用するわけではないのであまり副作用は心配する必要はないでしょう。

他にもビタミンCのサプリメントも肝斑治療に効果的です。基本的にシミケアの基本を守っていればよいのですが、できてしまっているものがシミなだけに、特殊なハイドロキノンクリーム、トラネキサム酸配合の薬の服用というのが必須になります。