目元のくすみを取る方法

血行が悪くなると目元がくすんでくる

目元のくすみを取る方法

目元の角質層はほかの部分よりも薄く、半分くらいしかありません。ですから血行が悪くなると目立ってしまい目元にくすみが出てきます。これは美白ケアでなんともできないことで、目元の血行をよくすることで改善していきます。

特に眼精疲労になりやすいパソコンを使った仕事をしている場合、まばたきが少なくなったり、目の筋肉が凝ってしまうことで目元周辺の血行不良になり、暗い感じになってしまいます。

対処方法としては、目元の血行を良くすること以外にはありません。まずは眼精疲労気味の方はできるだけまばたきをするように心がけること、またホットアイマスクで目元を温めて血行促進することが大切。間違ってもマッサージをして逆に刺激を与え過ぎないようにしましょう。刺激で色素沈着することもあります。

目元の潤い不足でくすみの原因に

先程も書いたように、目元は角質層が薄いため、保湿成分であるセラミドが十分に足りていない場合があります。目元にちりめんジワができてしまうのもこのためです。
血行促進と保湿は同時にやるとベスト。ホットアイマスクでしっかりと血行促進したら、セラミドの美容液で十分目元の保湿ケアをしておきましょう。

目元のくすみの原因と予防方法

目元の角質層の薄さによって、ちょっとした刺激でも目元のくすみの原因になります。
まずは目元のくすみを自分から作らないようにすることも大切です。

目をよくこすってしまう人はこれだけでも刺激が強すぎて色素沈着してしまう可能性があるので注意してください。特にメイク落としてでゴシッと目元のメイクを削ぎ落とすような方法で拭っている場合も同様に目元のくすみの原因になりやすいため、しっかりと落とせるメイク落としを使いましょう。

当然ですが、洗顔後のタオルドライもゴシゴシ拭き取らないようにしましょう、目元だけでなく顔全体に刺激が強すぎます。

最後は美白成分配合のコスメでケア

やはりどうしても色素沈着しやすい部分ではあるため、美白化粧水や美白美容液でしっかりとケアしてあげるのが良いでしょう。最も簡単なのは手に美白化粧水をとり、なじませたら目元を覆うように手でアイマスクしてあげます。この状態でリラックスして数分間放置します。

コットンに染み込ませてもいいですが、大部分がコットンに吸収されてしまうので、使う場合はたっぷりと多めに染み込ませるようにしてください。これでけだ目元の美白パックが可能です。