美白は肌を白くすることではない

美白はシミ予防ケアのこと

美白は肌を白くすることではない

美白化粧品などのCMなどでもよく『美白』という言葉が使われていますが、そう聞くと白い肌を手に入れるためのスキンケアのことを言っているように聞こえますが、実際にはシミを予防するのが美白です。美白というスキンケア業界の定義はこのことであり、肌を白くすることではないのです。

実際に肌を白くする漂白とは別物であり、美白化粧水や美白美容液にはシミを消したりして肌を白くしていく効果はほとんどなく、シミ予防をしたり肌を明るくしたりする程度と考えてください。

夏の予防ケアとして美白コスメが必須

ですから美白というスキンケアと美白コスメは基本的にシミ予防と肌のくすみ予防や改善などの使い方をすると考えて良いでしょう。できてしまったシミを消す、地黒の肌を白くする、というのは美白とは言わないですし、またコスメで売っている美白化粧品でもともとの色を白くすることは出来ません。できたら劇薬に近いため市販はされません。

またケアとしても大量に美白化粧品を使えば肌が白くなるスキンケアでもないのです。

日々メラニンをシミにしないようにするのが美白ケア

肌を白くすることは少しはできるかもしれませんが、基本的にメラノサイトから出てくるメラニンをシミにする前に改善していくことが美白ケアになります。

また肌のターンオーバーを正常化することでもシミとして残さずに自然な代謝の流れの中で肌を明るくキープすることも可能です。

毎日続けることで肌は明るくキープできる

基本は日焼け止め、洗顔、化粧水、美容液で美白ケアがひと通り完成です。
シミの予防、そして肌の余分な角質を落としてターンオーバーを正常化、さらに美白化粧水と美容液でケアすれば完璧です。

たまに美白パックシートを使うとさらに美白成分がメラニンなどにも効果的に働いてくれます。