メラノサイトとは

シミの原因メラノサイト

メラノサイトとは

メラノサイトとは、肌にある細胞のひとつで、メラニン色素を生成しています。メラノサイトの活動が活発になればシミの原因であるメラニンが大量に作られてゆくゆくはシミになってしまうというわけです。

メラノサイトの働きとは

メラニンを生成するからシミの大敵と思われがちなメラノサイトですが、紫外線などを浴びてモロに肌がダメージを受けるとその場で一気に老化が始まります。

しかしそれを防ぐのがメラノサイトであり、このダメージを引き受けてメラニンとして排出します。20代前半までは肌のターンオーバーが正常に働いているので紫外線から作られるメラニンを日々排出することができました。

しかし30代になると肌のターンオーバーは遅くなっていくため、紫外線を浴びてメラノサイトが作るメラニンがなかなか排出されずに残ってしまいシミになって出てくるということです。

メラノサイトが活発にメラニンを生成する原因

紫外線によって肌を丸もためにメラニン色素を作って防御します。

またストレスによって活性酸素が増えることにより働きが活発になることもわかっています。そのため紫外線を浴びていなくてもシミができるのはメラノサイトが働いているからです。

さらには物理的な引っかき傷や擦ったりする物理的な刺激を与えることでもメラノサイトは活発に働き始めます。

メラノサイトの働きを抑制する

紫外線を浴びたりするとメラノサイトが活発になるため、これを沈めてあげます。美白コスメには多くがメラノサイトまで働きかけて美白効果を出すというものが多いです。それくらい、シミが角質層まで見えるレベルになると取り返しがつかなくなってしまうし、メラノサイトで何とかすればシミは予防しやすくなるということでもあります。

メラノサイトの数は増える

メラノサイトは一定数ある細胞というわけではなく、強い紫外線を浴びることでメラノサイトの数が増えます。というのも、体が紫外線を浴びて祖父癌などにらないようにダメージを防ぐ役割のメラニンを大量に作り出して肌を守らなければいけないからです。

ということで紫外線が強いと肌のメラノサイト自体が増えてしまい、またシミを大量作るメラノサイトが誕生してしまうのです。

だからこそ肌に紫外線が突き刺さらないようにするための日焼け止めが必須なのです。