お風呂のあとすぐに拭かないほうが良い?

肌に水分をつけたままのほうが乾燥しにくい?

お風呂のあとすぐに拭かないほうが良い?

お風呂あがりにすぐに拭かないで、肌に水分を残しておいたほうが、すぐ肌が乾燥しないため乾燥予防のためにすぐ水分を拭き取らない方がいいと思っている方がいますが、実際はすぐに拭きとったほうが乾燥しません。

肌に水分があると、急激に肌の水分と一緒に蒸発していき、肌水分が失われていきます。乾燥肌はこのような勘違いからも進みます。

そもそも保湿は肌に水をつけることではなく、肌に保湿成分を浸透させて肌水分を保持することが目的です。お風呂あがりに肌に水がついた状態のままはよくありませんので、すぐに拭き取りましょう。

お風呂あがりはすぐに水分を拭きとってすぐに保湿化粧水を

お風呂あがりに肌を乾燥させないためにはできるだけすぐにタオルドライして肌の水分を拭き取るのがポイントです。
拭き取ったらすぐに保湿化粧水を使いましょう。顔の乾燥を防ぐならできるだけ早く保湿化粧水を使うのがお薦めです。

体の乾燥を防ぐ場合、いきなりボディクリームで油分を塗りたくってしまう人がいますが、できれば保湿成分の入った化粧水などで一旦肌に水分と保湿成分を補給してからのほうが望ましいです。
というのも、油分はただの油膜でしかなく、肌表面をコーティングするだけで肌自体の水分量を増やすことはありません。
ですからまずは肌水分を補給し、そのあとにその状態を維持するためのボディクリームを使ったほうが保湿効果は高まります。

逆に言えば、乳液やクリームを体に塗っても乾燥が止まらないという場合は、肌自体の水分がなくカラカラの状態で油を塗っているだけだからです。安い保湿化粧水をボディ用にしてまず全身を保湿してからボディクリームを使ったほうがよいでしょう。