加湿器に肌の保湿効果はない

加湿器は室内の湿度を保つもの

加湿器に肌の保湿効果はない

冬の乾燥時期には加湿器が必須で、乾燥肌の方は加湿器が必須でしょう。美容を考えても加湿器はフル稼働させて室内の湿度を徹底に保てるようにすると肌にはとても良いことは間違いありません。

しかし加湿器を運転させているからといって、肌の湿度が保たれるかというとそれはありません。加湿器というのは室内の湿度自体を上げるものなので、室内の湿度が高いから肌水分が多いということではないのです。

では加湿器と乾燥肌の関係はどうなのかというと、これ以上肌の乾燥を進めないように室内環境を良い状態にキープするためのものと考えてください。肌水分が足りなければ室内の湿度が高くてもやはり肌は乾燥します。

保湿ケアをしつつ加湿器を使って乾燥を防ぐ

まずは肌の水分量を一定にしてそれを維持するのがポイントです。その上で、室内の感想によって肌水分が奪われないようにするのが加湿器の役目になります。

そのためにずっと湿度の高い室内にいられるのであれば、保湿化粧水を使うくらいでも大丈夫でしょう。ただそんなことは難しいと思うので、やはり保湿美容液も一緒に使ってあげると効果的です。特にセラミド配合の保湿化粧水、保湿美容液の場合は、外にいても乾燥を防ぐほど保湿効果が高いので、室内で加湿器がある部屋にいるなら肌の潤いは高いレベルをキープできるでしよう。

もし加湿器の効いた室内にいるのであれば、クリームなどはまず不要でしょう。しっかりとしたセラミド美容液であれば基本的に油分は不要で自分の皮脂だけでしっかりとバリアができます。しかも加湿器で湿度が高い室内であれば当然セラミド美容液だけで潤い肌がキープできます。

基本的に油分は加えないようにしたほうが、毛穴を塞ぐことがなくなるのでセラミド美容液までを推奨しています。

寝室にも加湿器を

寝室にも加湿器を置いてずっと湿度をキープしましょう。睡眠の質も高まりますし、肌の乾燥も防げます。特に暖房を入れながら寝る場合は加湿器は必須です。少し強めに加湿しても良いかもしれません。

ですから寝る前もセラミドの美容液で仕上げれば大丈夫です。クリームや乳液のベタベタ感が苦手、と思っていた方には朗報ですね。ぜひ加湿器とセラミド美容液で保湿肌をキープしてください。