ニキビケア用石鹸の種類

ニキビケア用石鹸の種類

ニキビを予防したり、できているニキビを治すのを助けたりする石鹸は実はどれも同じではなく、色々と種類が分かれていて、使い分けることで自分の今のニキビケアに最適なものがわかります。

ニキビを予防するための石鹸

ニキビ予防に使うのはピーリング石鹸がお薦めです。ピーリング石鹸は肌の余分な角質を取り除き、毛穴を塞ぐ角質を減らすため、毛穴に皮脂がたまりにくくなり同時にアクネ菌の増殖も解消できます。特に生理前はピーリング石鹸で洗顔していると大人ニキビができにくくなります。これは皮脂の分泌が多くなる生理前にピーリング石鹸で洗顔していると角質を落として毛穴に皮脂が溜まることを防ぐからです。

また若い10代20代前半の場合は、皮脂を取り除く普通の皮脂除去系の洗顔フォームでも十分効果があります。基本的に若い時は肌のターンオーバーが正常に働いているので、毛穴を塞ぐほどの角質がないことから、皮脂をごっそり取り除く、とかいてあるよあな皮脂除去成分の入った安い洗顔フォームを使うのでもニキビ予防に効果的です。

その際は朝晩の洗顔後、ビタミンC誘導体配合の化粧水を使うとよりニキビ予防効果が高まります。皮脂がなくなった肌に抗酸化作用が働いて、肌の酸化を防ぎます。

今できているニキビを治すための石鹸

ニキビは治そうと思ってもすぐ治せるものではありません。基本的に毛穴のアクネ菌などを取り除いて肌が治癒していくのを待つしかないのです。しかしずっと黄色く膿んでいるニキビが残っていたり、赤く痛いニキビが残っている場合にできるだけ早く治す石鹸を紹介します。

まずはピーリング石鹸です。これは必須も言えると思います。ニキビができている部分の皮膚の角質を落としていくことによって、中の膿を出しやすくします。できたばかりのニキビの場合は皮膚も厚いためなかなか潰すことは出来ないですが、時間経過とピーリング洗顔によって膿は確実に出しやすくなるでしょう。

また赤いニキビの場合もピーリング石鹸で代謝を上げて治しやすくすることも可能です。
そのほかにはハーブ系などの殺菌成分や炎症を抑えるハーブなどが入った薬用石鹸などもお薦めです。特に赤いニキビは炎症を起こしている可能性が高いので強い石鹸ではなくハーブ系のものを使うのもお薦めです。

ニキビケアの洗顔は泡で洗う

ニキビ予防もできたニキビをケアする洗顔もどちらも泡立てた泡だけでマッサージするようにして洗います。顔を手のひらなどでゴシゴシ超すつて洗うと肌表面が刺激されてニキビが出来てしまったり、色素沈着の原因にもなりかねません。
基本的には泡を多めに作って泡だけで洗うことです。

ニキビができないように、と毛穴から皮脂を出したり汚れをかき出すようなイメージでゴシゴシと肌をこすって洗う人が多いと思いますが、肌には大きな負担がかかっています。この刺激によって皮脂分泌量が増えたりニキビが増えてしまう可能性も否定できません。優しく洗う、それでしっかりと皮脂汚れは落ちていますので安心しましょう。