大人ニキビの原因

ホルモンバランスの乱れが大人ニキビの原因

大人ニキビの原因

大人ニキビの場合は、成人してもニキビができてしまう、というもので特徴としてはおでこ、顎などに出てきます。そして多めに大人ニキビができるのが生理前後です。

これはホルモンバランスが乱れることによって皮脂分泌量が増えるからです。特にアゴ周りに大人ニキビができる原因は顎ひげが生える部分の皮脂腺が男性のように発達することで一時的に皮脂分泌量も増えて大人ニキビができてしまうと考えられています。

しかし女性ホルモンをコントロールして大人ニキビを防ぐことはできませんから、スキンケアで毛穴のつまりなどを予防するのが得策です。基本はピーリング石鹸で角質を取り除いて毛穴に皮脂が詰まらないようにするのが大前提です。生理前にピーリング洗顔し始めるとよいでしょう。これだけでも大人ニキビを予防できます。

生活習慣の乱れ

基本的に仕事などで睡眠時間が短くなったり、食事の時間がバラバラ、内容も栄養価の足りないモノ、さらに起きる時間なども適当、という場合は体の機能が乱れているため皮脂分泌量も増えたりして大人ニキビができる原因となっている可能性が高いです。

朝起きて夜12時までには寝る、という基本のサイクルを維持すれば、あとはある程度スキンケアで大人ニキビをコントロール出来る可能性が高いです。さらに食事を3食しっかり食べて、適度に運動するとストレス解消になって大人ニキビもできにくくなります。

ストレスは体を酸化させてしまうため、当然毛穴の皮脂が酸化すれば炎症を起こしてニキビが出来る可能性が高まるわけです。ストレスを完全に解消させるのは難しいですが、少しでも運動をしておくと無駄に脂も消費でき皮脂分泌量も過剰分泌させずに済む可能性が高いため、定期的な軽い運動もお薦めです。

メイクを落とさないで寝る

あまりないと思いますが、メイクしたまま寝てしまうと、当然毛穴に皮脂が溜まりやすくなって中でアクネ菌増殖、ニキビが発生、ということになりがちです。寝る前はしっかりとメイクを落として寝るようにしましょう。当然、寝る前に皮脂をしっかりと落として寝るのが当たり前なので習慣化していればメイクしたまま寝てしまってニキビができる、ということはないと思いますが。