トレチノインのシワ改善効果

トレチノインとは

トレチノインのシワ改善効果

トレチノインとはビタミンA誘導体のことで、レチノールよりも効能が高く肌に浸透させやすくしたものです。アメリカでは認可されていて、肌の新陳代謝を促進させて若返りの目的で利用されています。日本では市販できないため、多くの場合は個人輸入か医師の処方箋を出してもらって買う、もしくはトレチノインと同じ働きをするような化粧品を利用することが多いです。

個人的には輸入もいいですがリスクが高すぎるため、トレチノインと同様のコスメを使うことをお薦めしています。

トレチノインの効果

トレチノインは古い角質を剥がして新しい角質を作るのを促進します。ピーリングよりもわかりやすいのは、実際に肌が赤くなって2日程度で皮膚が剥がれていくからです。それほど肌へのダメージがあるということです。
レチノールも肌が剥がれていきますが、大きな違いは肌の新陳代謝を高めるのはトレチノインのほうが高いということです。

肌内部では同時にコラーゲンが生成されるため肌の張りがよくなり、シワが解消されます。
角質層の入れ替わりを促進してさらに肌の張りがよくなってくることによって、見た目に若返りが実感しやすくなるのが特徴ですね。

また皮脂の分泌も抑制するため薄く使ってニキビ対策にも使われるのがトレチノインの特徴です。

トレチノインの危険性

トレチノインは急速に肌の新陳代謝を高めて角質を剥がしていきます。このとき顔の赤みがでることがあり、肌は敏感になっていますので、日焼けは絶対にできません。紫外線によって弱った肌の部分に色素沈着してしまうためです。
また使い方を誤って多く使いすぎると肌が赤く目立ってしまいます。

このことからも個人輸入でトレチノインを使うのはリスクがともなうことを覚えておいてください。

トレチノインでシワを改善する

肌の新陳代謝が促進されて肌が生まれ変わり、ハリ成分のコラーゲンが生成されてくると同時に肌のシワが改善していきます。ただしトレチノインを使った部分は皮が向けてきてカサカサになる上に、剥けた後は肌が敏感になっているため日焼け止めを使って日焼けしないようにする必要があります。

1ヶ月ほど続けると肌が生き返るように新しい角質層を作り出し、コラーゲン生成によって肌の張りが増すでしょう。結果的にシワが伸ばされて目立たなくなります。同時に角質層が入れ替わるため、肌はかなりきれいな状態になることも。

ただしトレチノインの効果が高すぎて赤みが残ってしまう可能性もゼロではないため、使い方にも十分気をつける必要があるでしょう。