活性酸素はシミとシワの原因に

活性酸素とシワの関係

活性酸素はシミとシワの原因に

活性酸素は老化の元ですが、だれもが何かしらのことによって活性酸素を体内で作ってしまっています。場合によっては病気にもつながりかねない活性酸素ですが、これを解消することでアンチエイジング効果がとても期待されているのです。

コスメでもそうです。食事でもそうですが、活性酸素がシワやシミの原因になっていて、活性酸素対策をするだけで見た目が若返る可能性が高くなるのです。ここでは活性酸素とシワの関係について見て行きましょう。

活性酸素が肌の老化を進める原因

活性酸素は体の中で常に発生しているもので、体を酸性にしていきます。酸化するという言い方もしますが、活性酸素によって酸化した体はどうなるか、というと単純に言えば老化が始まります。同じ年令でも活性酸素が多い人と少ない人は見た目年齢がまったく違い、老化を顕著に感じるようになります。

なぜ活性酸素が発生するのか

老化とともに活性酸素の量が増えます。
それ以外にはストレスが大量の活性酸素を体内に作り出します。だからストレスが多いとシミができやすいとか言われるんですね。実際にストレスが大きくかかってくると翌日シミができていた、ということはあります。

また紫外線に当たるとその部分に活性酸素が発生します。

活性酸素を防ぐためには、紫外線に当たらないようにしてストレスの多い環境に自分を置かないことです。美しい人はストレスを感じないような性格なのか、周囲が気を使ってストレスを感じにくくなっているか、さらには紫外線対策をしっかりとしている場合が多いです。

何にしても現代社会ではストレスが非常に多いですし、紫外線の強さも増していますから、シミもできやすいですしシワも大量できて仕方ないのです。

活性酸素を減らす方法

活性酸素は普通であれば自然に体が解消させることができますが、活性酸素の処理が追いつかず、自分のキャパを超えた時に老化に影響を与えます。ですからできるだけ活性酸素を発生させないようにすることが重要です。

運動してストレス解消、代謝も同時にあげる

ストレスを感じたら運動をしてストレス解消しましょう。なぜ運動が良いかというと、代謝自体も良くなって肌のターンオーバーが促進されるため、肌のくすみやシミ対策、ハリ対策にも効果的です。老化とともに代謝は落ちますから、常に運動を心がけていると活性酸素が減り、代謝が上がってアンチエイジング効果が非常高いです。

紫外線対策でシミ・シワ予防

また日焼け止めはしっかりと塗って紫外線を直接受けないようにします。特に日傘も併用すると良いでしょう。紫外線は最もシミとシワの原因を作り出すため、特に注意してください。

紫外線はシミを作ると思われがちですが、同時に深いシワとたるみも生み出します。外出時はUV対策を入念にしていきましょう。

ビタミンCサプリメントを毎日飲む

ビタミンCは抗酸化作用があり、とても安いサプリメントのひとつです。毎日朝昼晩と小分けにして飲むことで常に体の活性酸素と戦える状態をつくるのがお薦めです。
1度に大量に飲んでも悪いことはありませんが、飲み過ぎた分は排出されてしまうので、小分けにして1日3日分くらいを目安にするとよいでしょう。

ほかにもさらに高い抗酸化作用があるものにアスタキサンチンなどのサプリメントもお薦めです。

ビタミンC誘導体の化粧水を使う

美白化粧水の中にはよくビタミンC誘導体が配合されています。これも肌の角質層に浸透して活性酸素へ働きかけます。このことから美白ケアやニキビケアにもよく使われるのです。