無添加化粧品の『無添加』とは?

無添加とは、何も添加していないわけではない

無添加化粧品の『無添加』とは?

無添加化粧品というのがウリになっている化粧品がたくさんありますが、実際に添加物が入っていないようなものではありません。しかも、『無添加』という言葉の定義がコスメの業界で決まっていないのです。なのに無添加という言葉を使って消費者に安心感を与える手法が未だにまかり通っています。

だから無添加化粧品だから安全安心というわけではありません。

危険な102種類の成分を配合していなければ無添加表示ができる

昔はアレルギーや肌トラブルを起こす成分102種類を配合する場合は必ず記載することになっていました。

しかし現在では102種類だけでなく、すべての成分を記載する必要が出てきてしまい、危険な102種類がどれかわからなくなってしまいました。消費者としては裏の成分表記を見ても、『これが危険だから注意しないと』と気をつけることは出来ず、細かい成分全てをなんとなく見るくらいしかできなくなってしまったのです。

そて現在、この昔危険だから表記しなくてはいけなかった102種類が入っていないものは全て『無添加』と記載しても良いことになっているのです。だから化学成分などが入っていないから無添加化粧品というわけではないことを知っておいてください。

無添加化粧品には危険な102種類の成分は入っていない

何を持って無添加化粧品と言っているのかはわからないのが実情ですが、最低でも肌トラブルを起こす可能性がある102種類の成分が入っていないことは事実です。これを基準にして裏側の成分表示を見なくても無添加であれば問題なく使えそうだな、という簡単な商品の選択ができるのは便利です。

ただし無添加だから安全かというとそうではなくて、やはり自分の肌に合う合わない、効果が実感できるできないの差はどのコスメでもあり得ることなので、まずは高いコスメの場合はトライアルキットを使うのが一般的です。