天然由来成分とは?

天然由来成分の特徴

天然由来成分とは?

天然由来成分とは、植物や動物から抽出した成分のことで、化粧品のすべての成分が天然由来成分ではないことはがほとんどです。化粧品の中の成分のうちに天然成分から抽出した成分が入っていると、天然由来成分配合と書かれているはずです。

ただ天然成分から抽出して加工する過程において、この工程や配合比率などがそれぞれ違うため同じ天然由来成分が使われていたとしても効果は変わる可能性があると思います。また、天然由来成分だから効果が高いということはなく、安心して使えます、というアピールでしかないため、基本的には天然由来成分だから安全ということはありません。他の化学成分などに天然由来成分が入っているからです。

天然由来成分を目玉にしているコスメはある程度優しくつくられている

天然由来成分を最もアピールするようなコスメの場合は成分が優しく肌への刺激が弱くなっているものが多いです。

というのも、天然由来成分配合なのにキツイ成分が入っていては使い心地に違和感が出るからです。

基本的に天然由来成分配合という商品は商品コンセプト通りに優しく低刺激なものが多い傾向にあると考えても良さそうです。

しかし天然由来だからといって安心はできない

天然のものであってもアレルギーが出るように、肌に合わないものはどうしても出てきます。ですから天然だから安心ということはなく、できるだけ試しに使ってみて合うかどうかのテストはしたほうがよいでしょう。

また天然由来成分配合で価格が高くなるものもあり、この辺は見極めたほうがよいですね。なぜなら天然由来成分が配合されているから万人の肌に合うわけでもなく、またスキンケア効果が高いわけではないからです。