その場でメモを取る

その場でメモをとる癖をつけると仕事も人間関係もうまくいく

その場でメモを取る

仕事でもなんでもそうですが、その場でメモをささっと取る人はかならず伸びます。ただしそのメモも言っていることを全てメモるのではなく要点をまとめて少し書くだけで理解出来るようにする必要があります。またメモを取ることは自分だけにメリットがあるのではないのです。

メモは数字を確実に書き残し要点をまとめる

話していてメモを取る場合重要なのは、時間や金額、個数などの数字と人、場所、ものなどです。これらをまとめて書き残すことでミスはなくなります。基本的に聞いたら覚えて、さらにメモで忘れがちな部分を補います。

話を聞いても理解しないでいるとメモを取ったこと自体がなんだったのかわからなくなってしまいますから気をつけてください。

メモを取ると印象は良くなる

そもそもメモする必要すらないだろと思っていても、教えてくれている方は『メモもとらないで大事腰部かこいつは』と思っています。また、これが逆にメモを取っていたとしたら『しっかり聞いてくれているな』と思ってくれます。ただメモを取っているかいないかで印象が全く違います。この場だけでなく、今後の付き合い方も変わってくるのでとても重要です。

また逆の立場で、自分のほうが下の立場である場合、目上の方が話の最中にメモを取ってくれるだけでも、下っ端の言うこともしっかり聞いてくれるのだと感動するでしょう。こういう方に付いて行きたいと思うのではないでしょうか。これは上司の方にも実践してほしいと思います。

メモとペンはいつも持ち歩く

メモ帳は胸ポケットに入る程度の小さいサイズで大丈夫です。長文を書き残すわけではないので。またペンも一緒に持ち歩き、いつでもメモが取れるようにしておきましょう。これは誰かの話を聞いた時ではなく、何か思いついたときなどにとっさにメモを取れるようにするためです。

アイデアはふと湧き出てきて一気に消えます。メモを取っているかどうかで今後のビジネスが変化するかもしれません。また、誰かに対して気の利いたことをしたいと思ったらメモで残すのも手です。

言葉でありがとうというのは誰でもできますが、何かのついでにメモに手書きでありがとうと添えるだけで重みが変わってきます。ただしセクハラにならないように気をつけてください。言葉で伝える時間がないからメモをっかり残しました、というのがベストです。うざいくらいにメモを残すのは逆効果であることは覚えておきましょう。

このようにメモをとる、つける習慣というのは人間を変えていきます。いつでも重要だと思ったこと、感動したことはメモをとるようにしましょう。