PDCAとは サイクルの回し方

PDCAをうまく回す秘訣

PDCAとは

ビジネスの世界では当たり前となっているPDCAとは。最近ではPDCAにまた別の要素を加えたものなども提唱されることがありますが、まずは基本的なPDCAのサイクルについて考えてみましょう。

PDCAとは

PDCAはそのままピーディーシーエーと呼びます。それぞれが頭文字をとっていて、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)のことです。この順番で進んでいき、これを繰り返します。
これをPDCAサイクルと言います。

PDCAサイクルを繰り返すことによって業務が改善していきます。

どう進めていくか綿密な計画を立て、そのとおりに実行し、それがどうだったか評価・確認をして、悪い部分や計画とは違う部分を改善する。
これだけでも良い物が作れそうですが、さらにまた計画を立て直して良い物にしていく、このサイクルを繰り返すことで良い物を生み出す、提供することができます。

なぜPDCAが重要なのか

そもそも私たちは頭で考えて動けばある程度のことができるはずです。いちいち計画を立てて何かをするということは日々の生活ではないでしょう。
しかしライバルがいるビジネス分野ではよりよいものを提供し続けることが重要です。ですから適当にやってたまたま成功すればよいですが、成功の確率を上げてさらに良い物を提供するためには綿密な計画とその評価が必要になります。

今回はダメだったから違うのを考えるか、というレベルだと、成功の確率をつかむまでに時間がかかってしまいます。

とりあえずいい感じで終わってよかった、これだけとまあまあのところで満足して終わっています。ここからさらに改善して「とりあえず良い」レベルを突破することが大切です。

組織で動く時こそPDCAは重要になる

PDCAサイクルを回すのは、個人で動くときもとても役立ちますが、組織で大勢が関わる時こそ重要になります。

最初のPの部分では特に時間をかけて全員でしっかりとした計画を立てます。意識が全員同じ方向に向かうためにはここが一番大切です。計画段階で綿密に目標とゴールを決めること。これがしつかりしていないと途中でブレます。

途中でチェックを入れる

PDCAでは計画の後はずっと実行していると思いがちですが、Doの途中でCheckを入れてしっかりと動いているか、ぶれていないか、ミスはないか、などを確認する必要があります。ここで何かを修正できれば目標までのブレが改善できます。

短期的なPDCAサイクルを組むことも大切

PDCAは一仕事やるときに作る、まあそれでも良いのですが、それでは遅すぎるミスが起きてしまう可能性があります。全体の計画は立てるものの、前述のとおり途中でCを入れてAでブレを修正していく必要があります。

ここまで来てようやく間違ってることに気づいた、では遅いからです。特に重要なのがチェックと評価をする管理職以降の人たちが適切に判断できるかどうかです。結果以前のPD部分の段階も把握しておかないとチェックで何かを見つけたとしてもAで適切な改善方法を提示することができないからです。

このように短期的にPDCAサイクルを回すことによってブレずにさらに良い方向へとサイクルを誘導することができるようになります。

PDCAは円でなく螺旋

PDCAサイクルと呼ばれるので円で考えてしまう方もいますが、PDCAは一周では終わりません。さらに上を目指して改善していくことで螺旋状に上に上がっていき価値が高まっていくのです。ですから終わりはありません。常に改善していくことがPDCAの強みです。

あー1サイクル終わった~、というのではなく次のサイクルへと上手く回すための改善、そして計画を詰めていくようにしましょう。