ワイシャツの下は下着を着ない?

ワイシャツには下着はきない?

ワイシャツの下は下着を着ない?

ワイシャツの下には下着を着るのは正式ではないと言われています。実際にYシャツというのは元々下着扱いで着られていたものだからです。だから基本としてはワイシャツの下に下着をきることはありません。これがフォーマルです。では日本国内ではどうでしょうか。下着を着ている人がほとんどですよね。

日本ではワイシャツは下着ではない

日本では下着の上にYシャツをきるため、ワイシャツは下着感覚ではありません。実際はワイシャツだけで外を歩くということは下着だけで歩いているのと一緒、というのが欧米の考え方ですが、日本では夏場などワイシャツだけで出歩きますよね。

このことから考えても国内ではワイシャツは下着扱いではないという認識が一般的です。
しかも認識だけでなく気候が高温で湿度が高くなる夏場はワイシャツの上にスーツを切ること自体がナンセンスですし、熱中症で倒れる可能性が高まります。

またワイシャツだけを着ていたとしたら、汗でYシャツが絞れるほど濡れる可能性があります。そこからさらに異臭が漂うでしょう。これを回避しているのが日本がほこる高性能な下着です。臭いに抑えて汗の蒸発を促します。

日本ではワイシャツの下に下着をきていいと考える

以上のことから、日本では、さらには東南アジアなどの亜熱帯地域ではスーツを着続けることは困難であり、汗の問題もあるためワイシャツの下に下着を着たほうが良いという考えが結論として出てきます。

では実際に欧米の人たちが真夏の日本や亜熱帯地域でYシャツを下着として着て上にスーツを着て丸一日外で過ごせるでしょうか。無理です。

半袖シャツのマナー違反ということですが、このような真夏の状態で半袖シャツと長袖のロールアップでは体温が違ってきます。その地域や気候によってワイシャツの存在感や価値観は違ってきて当然なのです。

ではどんな下着が良いか

ワイシャツは1ボタンをあけることが多いため、普通のTシャツタイプは向いていません。VネックやUネックなど、首元を開けた時に下着が見えないものがよいでしょう。

また素材としては急速に汗を乾かすものやドライメッシュタイプのものなどかお薦めです。やはりワイシャツから下着が見えるのは昭和の雰囲気が出すぎてオヤジ臭く見えてしまいます。

またノースリーブのものを着れば袖がないので涼しいですし下着のラインが目立たないのでお薦め。逆にランニングタイプ、タンクトップタイプはワイシャツの下に着た場合ダサく見える場合があります。