自宅のパソコンデスクをシンプルにする

書斎をシンプルにして仕事効率を高める方法

自宅のパソコンデスクをシンプルにする

自宅に書斎があったり、そもそも自宅でパソコンを使って仕事をしている方がかなり増えているはずです。仕事は基本的にパソコンですることを前提に、PCデスク周辺をシンプルにしてみませんか。

デスクトップパソコンをやめる

デスクトップパソコンはとても邪魔です。本体、ディスプレイ、キーボード、マウスが最低でも必要です。これだけで4つも机の周辺にあるわけです。これらを繋ぐコードがあればさらに煩雑になっているでしょう。
ディスプレイ以外はワイヤレスでつながっていたとしてもまだ邪魔です。

まずはノートパソコンに切り替えることも検討してみてはいかがでしょうか。ノートパソコンは電源ケーブルのみでそのほかは何も必要ありません。私はマウスだけは使いやすい5ボタンのものを使っていますが、それ以外は机上にないのでとてもシンプルになりました。

使わないときは閉じてしまえば机はほぼフラットな状態で圧迫感もなくすっきりします。机の上のホコリなどの掃除もしやすいですし、シンプルになって気持ちがいいです。
コードも電源コードのみなので配線もシンプルになりました。仕事用の机ですので、外付けスピーカーなどは不要なので本当にこれだけでバリバリ仕事しているのが不思議なくらいです。

ペン立てなども一切置かない

机の上にはノートパソコンとマウスだけが置いてあり、それ以外はペン立てすら置いていません。引き出しにしまってあります。使ったらしまうという癖をつけ、さらに机の上にはパソコン以外は何もない状態をキープしたいですね。

なにもないと本当に洗練されていきます。常に綺麗に保ちたくなるので汚れることはないと思います。メモ帳なども引き出しにしまっておいて特にメモしたものがどこにいってしまったかわからないということのないようにしています。

パソコン自体も仕事以外の用途で使わない

最後に、パソコンも仕事以外では使わないようにします。デスクトップも必要最低限のメールソフト、ブラウザ、オフィス系などのように仕事で使うもの以外は置かないようにする。
データ等もできる限りダウンロードせず、HDDはスカスカの状態で良いでしょう。

最近はブラウザのブックマークを同期したりクラウド上でデータを共有することができるので完全に仕事のみで使うようにするのは難しいと思いますが、できる限り仕事以外のことを考えないようにするために極力シンプルにしていきます。

プライベートはそれ用のウルトラブックやネットブック、タブレットでインターネット接続ができるはずです。仕事用のパソコンはプライベートとわけると本当に良いですよ。