毎朝晩正しく祈れば、お金はやってくる

ビジネス書、稼ぐ力50のルール

毎朝晩正しく祈れば、お金はやってくる

浜口直太氏がアメリカで顧問になっていた大富豪たちの多くがやっていたこと、それが『こうしたいと思ったらそれを達成できるように毎朝晩強く願い続けた』というのです。これはある意味引寄せの法則に近いものがありますが、やはり自分の願望を強く持つことで行動が伴っていくのでしょう。

多くの人達が常に毎日祈り続けたというからスゴイですね。浜口直太氏曰く、成果を出す上で強力なひとつの手段が祈ること、ということで落ち着いているようです。しかも朝だけではなく夜も同じように祈ることだそうです。

そうすることで1日のスタートである朝からお金儲けのスタートダッシュが切れること、さらに夜も祈ることで意識で定着したまま一日を終えることができます。

稼ぐ力50のルール

これは自分がこうしたいとか、こうなりたいという願望を強く抱くことによって、常にそのことを考えて行動を起こすための準備運動が頭のなかでできるということですね。引寄せの法則も大抵がそうです。自分が思っているとただの妄想ではなくて実際にそれなりの行動をとるようになってくるのです。しかもビジネスの場合は行動と結果がセットになっていますので、この結果を出したいと思ったら確実に行動に移しているはずです。

そして毎日祈って考えることによって常に達成したいことに足りないものはなにか、良いものはなにかということも見えてきます。普通の人よりもそのことに対して考えているわけですから当然で、朝祈り始めてすぐに行動に移すことが可能です。

また、祈ることによって行動がかわるだけでなく、改めて今までお世話になった人や助けてくれる方への感謝の気持が湧き出てくるといいます。たしかに今自分があるのはあのときのあの人のおかげだな、と想い出すことが多く出てくるでしょう。今やっていることのこれはあの人がいてスムーズにいってるな、と考えただけでその人に感謝する気持ちが出てくるはずです。
この気持ちが強くなってくると、常に感謝の気持ちを忘れずにいられることができ、誰かのために頑張ろう、良くしようという気持ちも高まっていきます。結果としてより良いものを世の中に送り出すことができ、そのフィードバックとしてお金が返ってくるのです。

このように自分が良いと思っているだけでなく、他人に良いものと思ってもらえることを考え続けることによって多くの人達から支持を受けることができます。またさらに支えてくれる人たちが増え、さらに事業は拡大するかもしれません。ただし時間がかかるのは普通の事業と変わりありません。自分の信念を強く持ち続けるためにも朝晩祈り続け、そしてまたその思いを達成すべく邁進し続けるのです。途中で折れたりしてしまうかもしれませんが、それを朝晩の祈りでブレないようにすること。これもとても大切なことだなと実感しました。