ウェブディレクター 求人、転職で人気の職

サイト制作を統括する立場

ウェブディレクター

ウェブデザイナーになりたい、と思っている人は求人や派遣サイトなどで探すことが多いと思いますが、そこにウェブディレクターという職業を目にすることもあるでしょう。そんなウェブディレクターはどんな仕事なのでしょうか。

ウェブディレクターとは

ウェブディレクターとは、サイト製作に関する現場監督のようなものです。ホームページを作る仕事といっても、ウェブデザインを担当する人やグラフィック、Flash、ライティング、プログラミングなど、様々な専門職の人間が協力しあって出来上がります。

そんなバラバラになりがちな製作現場を統括し、スムーズにサイト製作を進める役割をウェブディレクターが担っています。

ウェブディレクターになるためには

ウェブディレクターになるためにはウェブ製作の現場をよく理解することと、依頼者が希望するサイトをどれだけ実現に導けるかの手腕を持っていることが大前提としてあります。

ですから、ウェブディレクターになるためには現場の仕事をこなして経験を積み、さらにはクライアントとの交渉などもこなしている経験が必要でしょう。

ウェブデザイナーの経験があるけどウェブディレクターとしての自信がないという人は専門学校に通うなど、ノウハウを勉強すればウェブディレクターの仕事につける可能性が高くなります。

というのも、ウェブディレクターの大まかな定義がなく、中小デザイン会社ではウェブディレクターをウェブデザイナーやほかの担当者が兼任していることがほとんどです。

ですから、求人などでわざわざウェブディレクターを募集している企業ではある程度大きな仕事を任されると思ってよいでしょう。

それだけウェブディレクターが全てを統括し、スムーズにクライアントの希望通りのサイトを作り上げることの重要さがわかるでしょう。