心理カウンセラーの資格取得 人気資格上位です

心理カウンセラーの資格を取る人が増えています

心理カウンセラーの資格取得

現代はストレス社会と言われるほど心の病気が一般的になっています。誰もが悩みを抱えているにもかかわらず我慢しているのが現状です。そこに心理カウンセラーの必要性が高まっているのが現実で、多くの人が気軽に相談できる社会が理想と考えられています。
そんな心理カウンセラーの資格、年収、就職関連の情報をまとめてみました。

資格は必須。しかしハードルは高し

現状、国家資格がないため、臨床心理士や産業カウンセラーなどの認知度が高い資格を取ることが就職する上での近道です。
しかし臨床心理士は、基本的に指定された大学で心理学を専攻していることが、受験必須条件になっています。

産業カウンセラーの場合は、講習と試験により取得できる資格で、大卒である必要はありません。仕事としては企業に在籍する心理カウンセラーという感じになります。

また、精神科医とは違い、薬を処方することはできず、仕事としても薬で心を静めるのではなく、話を聞いてあげ、心を安らかにしてあげるのが心理カウンセラーの役割です。

そんな心理カウンセラーの資格自体が複数あり、実務を学ぶ教材がほとんどです。国家資格がないため、どれだけの勉強ができるかでスタートが分かれます。通学しか学ぶものから通信制のものまでいくつかあり、どれも人気があります。これらを利用して資格を取って仕事に繋げるのが主流になりつつあります。

就職や年収について

心理カウンセラーの年収は200万円程度~1000万円にまでなる人もいるくらい幅が大きいのが特徴です。基本的に就職した場合はそこまで大きな年収ではないようですが、独立開業し患者さんの評判が良くなればそれだけ稼げるということでもあります。

通信教育でも心理カウンセラーの資格の勉強はできますので、学生のうちや社会人で日中働いていても勉強はできます。そこから就職をして実務を勉強し、独立することが経験も積めますし安全な道です。そこで資金を貯めて独立開業するのがスムーズでしょう。

そこで心理カウンセラーの就職先はというと以下のようなものがあります。
 ・精神科などのクリニック
 ・心療内科
 ・企業にある専属の心理カウンセラー
 ・学校に設置される心のケアマネージャー
就職先として求人が少ないのは企業向けの産業カウンセラーと学校向けのスクールカウンセラーです。どちらもケアする患者数が限定された組織の内部なため、大量に募集することもなく、さらに退職率も非常に低いためです。
ただし部門が廃止されない限りほぼ安定して仕事が続けられるのは魅力的です。

基本的には診療内科で就職をして独立するようなパターンがほとんどです。

資格をとる

心理カウンセラーになるための第一歩としては資格を取って履歴書に記入できるようにすることと、仕事内容の知識を講座によってつけることが必須です。
通学のものと通信のものがあり、どちらも選べます。
カリキュラムによって長期のものと短期のもの、料金も違ってきますので、まずは資料を取り寄せて比較検討をしてみましょう。
資料請求は、介護・医療・癒し系専門の資格資料請求サイトがオススメです。
介護・医療・癒し系資格講座の資料を無料請求できる「シカトル」
お住まいの地域から選べるのも特徴です。
資料を複数取り寄せることができるので参考にしてみてください。