カフェで仕事をするコツ

カフェで集中して気分よく仕事をする方法

カフェで仕事をするコツ

今ではノートパソコンが一台あればどこでも仕事ができるようになりました。会社に務めるのでもなく事務所に勤務するのでもなく、カフェなどでノマドワークをする人が増えています。カフェで本気で仕事をする場合のコツをご紹介します。

ドリンクの注文と食事の注文

カフェでガッツリ仕事をする、となると数時間は居座ることになります。実際はカフェの店員の多くがカフェでうるさい迷惑行為がなければ仕事や読書、受験勉強には寛容なようですが、やはり数時間の滞在となる場合はドリンクの注文を2時間おきにはしたほうがいいでしょう。

食事の時間帯には休憩時間も兼ねて食事の注文を。やはり周囲が食事をしているのにも関わらずパソコンを広げてカタカタやっていたら店員には迷惑がられなくても客に白い目で見られてしまうのは明白です。

ノマドワーカーとは言え、しっかりと休憩をとらないとメリハリがつかないばかりか集中力低下にも繋がります。ここは一般的な時間の流れとともに行動しましょう。お金を払うことでお店側への負担も軽減できるのでぜひやっていただきたいことです。

携帯はバイブか消音で。さらに会話も慎む

携帯電話はバイブか、できれば消音状態にしておきましょう。カフェ自体がとても静かではなくなっている昨今ですが、それでもバイブがブーブーなっていたら迷惑です。しかも数時間居座っているわけですからね。

できれば消音にして着信の光で確認出来るようにしておきたいものです。また可能ならば会話は店内では避けるようにしたほうが無難です。要するにカフェは私たちの事務所ではなく公共の場に近いわけで、なんでも自由にしていたらどうなるでしょうか。

仕事がしやすいカフェの選び方

基本的には電源が確保できるかどうかです。コンセントが使えるところにあるかどうか、またコンセントを利用できるかどうかが焦点となります。これは実際に入ってみないとわからないことなので、居心地の良いカフェを探すついでにしっかりとリサーチしておきましょう。

またwifiが使える場所が便利です。自分のモバイルwifiもいいですが、荷物はできるだけ少なくしたほうがいいですね。一人席のテーブルはそれほど広いわけではなく、できればノートパソコンのみを広げる感じのほうが周囲からの印象としては良いです。
逆に後述しますがネットの接続を絶つという仕事方法もありますので無料wifiに関してはさほど重要ではないと考える方もいるかもしれません。

タバコが吸えるカフェは気が散るのでお薦めできません。全席禁煙のカフェがお薦めです。またしっかりと喫煙席とのセパレートができるているカフェがよいですね。ご自身が喫煙者であってもやはり煙はきになるところです。ここは何度か試してみて集中できる環境を考えてみて下さい。

カフェで集中して仕事をする

私は自宅ではできる限り仕事はしたくない、持ち込まないと決めています。カフェで仕事をするにあたって、私がやっていることはネットに接続せずに仕事をすることです。
ネットにはいろいろな誘惑があります。ソーシャル系サイトや情報収集ツール、メール受信など、ネットに繋がっているだけで時間を奪われてしまいます。

メールチェックができなくて心配という方がいますが、緊急な用事であれば電話がかかってくるはずです。メールというのはそもそも自分の都合にあわせて使うものです。メールに行動を縛られていては時間がもったいないですね。本当は仕事に集中しているときは電話すら見たくもありません。しかしこればかりはどうしようもないので携帯は持ち歩きます。

カフェは静かすぎずうるさ過ぎない環境を提供してくれます。また制限時間はないですが数時間もいればやはり迷惑になりかねないという見えるようで見えない時間の制限があると感じています。
私は3時間を1セットにして大体6時間くらいいることもありますが、これ以上は滞在せず、もっと時間がほしい場合は他店に移動します。しかし6時間以内に終わらせて家には仕事を持ち帰らないという意識が高まるため、1秒でも無駄にせず仕事ができます。

コーヒーも欲しければ注文したらすぐに飲むことができます。しかしコーヒーを飲みながらネットを見たり雑誌を読んだりすることもなく、仕事のための頭の整理が出来るのでここも効率よく仕事ができているなと感じています。

私にとってカフェで仕事をするということはとても効率よく濃い仕事ができます。ノマドワークをしたい方はぜひお気に入りのカフェを見つけて下さい。毎日通い詰める必要はありません。集中したいときだけ行く程度でも新鮮で仕事効率が上がる場合も。気分転換も兼ねてぜひカフェに行ってみて下さい。