薬剤師の転職回数

薬剤師が転職を繰り返したら採用時どうなる?

薬剤師の転職回数

薬剤師に限らず、他の業種でも転職を繰り返すと求職活動に影響が出ると言われています。しかし薬剤師の場合求人が大量に出ていることから、職場の人間関係が上手くいかなくても転職してしまえばいいかと考えてしまう方も少なくないでしょう。

また給料も良い部類になるので貯蓄もしやすく、休職するかのように長期旅行に出てしまう薬剤師もチラホラ。ではどのくらいの転職回数なら大丈夫なのかを考えてみましょう。

転職回数よりも退職理由が重要

薬剤師の転職回数薬剤師は現状多くの求人があり、転職回数が自然と増えてしまう人もいるのではないでしょうか。次の職場を探す際に、今の転職回数ではじかれないかどうか不安になる方はそのほとんどだと思います。

しかし転職回数が多いからといって全てが採用につながらないわけではありません。基本的には退職理由が問題であって、面接官に『今後うちで採用しても辞めていきそう』と思われたら転職回数1回だとしても落とされるのです。

基本的には職場でうまくいかないとか、自分の待遇が悪かった、体調不良で退職した、というような場合はけっこうマイナスポイントとしてとられてしまうでしょう。

長く働きたいことをアピール

薬剤師の転職回数本当にやむを得ない状況で退職したのであればそれほど転職回数を気にする必要はないでしょう。例えば結婚だとか勤務先の倒産だとかです。

また面接時に転職回数や理由、その他のことを聞かれた場合は、できるだけ長くここで働きたいという旨をアピールするように心がけましょう。

キャリアコンサルにも協力してもらう

このような転職時などに不安な材料があっても、薬剤師求人サイトのアドバイザーに相談すれば的確な回答が得られるでしょう。ぜひフルに活用して欲しいと思います。

無料のオススメ薬剤師転職・求人サイト

薬剤師プロ薬剤師プロ
東証一部上場の総合メディカルグループが運営。カウンセラーには薬剤師人事経験者が揃っており、求職者にあった求人の提案ができると評判が高いです。年収交渉等もやってくれるため希望に合う給与体系で働くことが可能です。

薬剤師ではたらこ薬剤師ではたらこ
希望を伝えて待つだけで希望に合う職場を探して提案してくれます。特に応募が殺到する非公開案件も素早くピックアップ。交渉代行してくれるため希望が通りやすいのも特徴。キャリアアップ支援金プレゼントキャンペーン実施中。