調剤薬局の業務

調剤薬局で薬剤師がすることとは

調剤薬局の業務

薬剤師の働く場所として調剤薬局は全国展開していて働きやすい場所です。どこでも求人がある場合が多く、アルバイト程度でも調剤薬局で数年間働く方も少なくないはずです。では調剤薬局ですることとはどのようなことでしょうか。

普段から病院に行かない人はまったくわからないと思いますが、基本的に医師からの処方箋をもとに薬を用意し、患者に説明したり、患者のお薬手帳から気になる部分などを見つけてあげたりすることです。

ただ薬を処方するだけではなくなっているのが現状でもあります。

処方箋の受付など

患者さんが医師からもらった処方箋を持って薬局へ来ます。まずは処方箋を受付するところから見ていきましょう。

処方箋の受け取りと問診票

まずは処方箋を受け取り、新規のお客さんであれば問診票に記入してもらいます。問診票は身長や体重、副作用経験や妊娠などの細かい項目に答えてもらいます。これは薬の飲み合わせや体に合わない薬を調剤しないようにするために必須なシートとなっています。

長期間来なかったお客さんに関しても、以前の情報とは違う変化が起きている可能性があるため、再度問診票に記入してもらう薬局もあるでしょう。このほうが安全ですよね。

薬歴確認

お薬手帳の有無の確認や患者さんの薬歴を確認します。お薬手帳は費用がかかるため作る場合はここで患者さんの同意を得ることになります。

薬袋の作成

調剤薬局の業務薬を調剤した際には薬袋に必要事項を記入して渡します。これは薬事法で定められていますのでどの調剤薬局で働いても同じです。

記入する内容は患者さんの氏名、薬の用法用量、調剤年月日、薬剤師名、調剤薬局の所在地です。

薬局によりますが手書きで書く場合もあればプリントする場合もあるでしょう。患者さんが多い場合はプリントできたほうが確実にスピードは早いです。