薬剤師になるには

薬剤師になる方法

薬剤師になるには

薬剤師になるためには薬科大学か薬学部を修了して資格を取る必要があります。最近では6年生になってしまったことから薬剤師になるためのハードルは高くなっています。

薬科大学か薬学部に入ることがスタート

薬科大学薬剤師の資格を得るにはまず薬科大学か6年制の薬学部に入学することが大前提となります。ここでの正規課程を修了したあとに、薬剤師国家試験に合格することで薬剤師の資格を得ることができます。

逆に薬系大学以外の大学や専門学校を卒業していたとしても薬剤師国家試験は受けることすらできません。通信講座などで資格を得ることなどもできません。

薬剤師になる条件は、

という課程を全てクリアする必要があるのです。

薬剤師国家試験は毎年3月に行われ、6年次の卒業時に受験します。

薬剤師課程が6年制になった理由とは

薬科大学もともと日本では薬剤師になるために薬科大学か薬学部に入ることが条件でしたが、これは普通の学部と同じように4年制でした。
現在では6年制の課程を修了することが必要になっています。

以前との違いは医師と薬剤師の医薬分業が進み、さらに医療技術の高度化が進んだことでそれぞれのエキスパートな部分をさらに伸ばして高いレベルで業務をする流れが出来上がってきました。

このことから今までの4年制では教育内容や量などが不足しているだろうということが原因です。ただし薬剤師を目指す人だけが6年制へ移行し、研究者などが進むための4年制も残っています。現時点では6年制と4年制を併設している大学がありますが、数はそれほど多くありませんので確認しておきましょう。