医薬品の種類

医薬品と医薬部外品の違いなど

医薬品の種類

薬局や病院から処方される医薬品には色々な種類があります。それぞれどんな違いがあるのか、効果の違いなどを含めて詳しく解説していきます。

医薬部外品

医療用医薬品とは医薬部外品と医薬品の違いをなんとなく効きめが強いかどうかで判断している場合が多いとおもいます。これは薬事法で定められていて、人体に対して緩和な作用をおこす機器器具でないものとされています。

医薬部外品とは、医薬品ほど強い作用がないものですが、穏やかな効果があるもので作られています。このことから治療などに使うのではなく、予防や防止のために使われることを目的としています。

医薬部外品はパッケージなどに「医薬部外品」と表示する必要があり、厚生省で定める表示指定成分を表示する必要もあります。これはアレルギー反応を起こす可能性がある成分で100種類以上あります。

医療用医薬品

医療用医薬品とは医師が診察した上で症状にあった処方箋を出して、薬剤師によって調剤された薬です。医師による処方箋が必要であり、薬剤師しか取り扱うことが出来ない薬となっています。

処方箋医薬品

処方箋医薬品は医師の処方箋による指示がないと販売でないものを言います。処方箋医薬品は医療用医薬品の7割を占めるほどです。

一般医薬品(OTC)

医療用医薬品とは一般医薬品はOTCと呼ばれていて、一般の人が薬局で自分で判断して購入できる医薬品のことを言います。医療用医薬品と比べるとその作用が強くないようになっています。
ただし飲み合わせなど問題がある場合もありますので、薬局の薬剤師に相談して買うのがベストです。

指定医薬品

指定医薬品は薬局として指定を受けているところでのみ購入できる医薬品です。OTCの中でも作用が強いもので使用上の注意が必要なものがこれに含まれます。