医薬分業とは

医薬分業になって良かったこと

医薬分業とは

医薬分業とは、医師と薬剤師でそれぞれ役割を分担することを言います。病院で診察後、薬を貰いに行く課程がこの医薬分業です。診察と処方箋を書く業務を医師が行い、処方箋をもとに薬を出すのが薬剤師の業務です。

普段私達が普通に病院を利用している間はほとんど感じることはないですが、実は意味があって医薬分業が進められてきたのです。

医薬分業のメリット

医薬分業とは医薬分業には医師の処方箋を薬剤師が確認することでミスを防ぐ効果があります。
また処方箋を患者自身が見て確認することができるので、自分でどんな薬を飲むのか把握できるようになります。

さらに薬剤師から薬の説明を丁寧に受けることができ、薬に対する理解度が高まります。
そして病院が変わったとしても、同じ薬局に処方箋を持っていけば過去の処方データを手帳に残しているため飲み合わせなどの確認も簡単にすることが出来ます。

このように今では当たり前に病院から処方箋をもらって調剤薬局に行って薬をもらうことが実はとても大切であることがわかります。