歯垢の臭い

歯垢の臭いがひどい、うんこ臭い人の対策方法

歯垢の臭い

歯垢は歯磨きをしないとすぐに溜まります。そして異臭を放ちます。その歯垢の臭いは異常なまでに臭いのです。普通の歯垢の臭いであればまで我慢できますが、場合によっては人が一番嫌がるうんこの臭いまでする場合があり、これは勘違いではなく事実糞尿に近い臭いがすることがあります。歯垢の臭いはただ歯磨きすれば解決できるものではないので、その臭いを少しでも軽減する方法を解説します。

モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア
歯磨きをしてもガムを噛んでも口臭がヤバイと自覚していたらこの歯磨き粉がお薦めです。

毎日3回は歯磨きをする

毎食後必ず歯磨きをしてください。現実的には歯磨きをしたところで歯石を完全に予防することは難しく、歯垢が歯石化してしまうと臭いが半端ではなくなりますので、可能な限り歯垢を溜めないようにすることがポイントです。

また歯磨きのあとはリステリンなどのマウスウォッシュを併用して歯の間や凸凹、歯周ポケット、口の粘膜全てを清浄することが大切です。

これによって細菌の拡大を防ぐことが可能です。

歯垢がうんこ臭くなる原因

たまに歯垢や口臭がうんこ臭い場合があります。これは実際にうんこがあるわけではなく、口に残ったもの周辺に細菌が異常繁殖している可能性がとても高いです。

特に歯間ブラシなどを使って書きだすと強烈な歯垢の臭いがする場合があり、それがうんこのような臭いの場合があるのです。これは歯垢の臭い、食べかす挟まったまま、そこに細菌が異常に繁殖しているのが原因です。
また歯と歯の間の歯間だけでなく歯と歯茎の間の歯周ポケットにも溜まる可能性があります。

根本解決は歯石除去

歯垢の臭いをとるのは歯石を除去するのが一番効果的です。というのも、歯石は歯垢が溜まって3時間もすると生成されてしまいます。しの歯石の表面はザラザラしていてさらにそこに歯垢がたまりやすくなります。

そうすると歯垢の臭いが発生しやすくなります。このことからもまずは現在ある歯石を歯医者で完全に取り除くことが大切です。その上で歯磨きをしたりデンタルフロスを使って毎回歯垢が溜まらないようにします。

歯石がなくなると毎日3回の歯磨きだけでも歯垢の臭いが気にならなくなります。

歯垢をとるのはブラッシングがベスト

よくマウスウォッシュだけをする人が多いですが、歯垢はとれません。歯垢を取り除くためにはブラシで書きだすことが大切です。だから毎食後は歯磨きをするのです。

口臭が気になる場合は歯ブラシでしっかりと歯垢を取り除き、次にマウスウォッシュで口内全体を清浄します。
さらにはデンタルフロスで歯の間をしっかりと書きだすことで食べかすの詰まりをとって雑菌の繁殖を防ぎ、歯垢やうんこの臭いを予防できます。

歯垢の臭いを防ぐまとめとしては、

  1. 毎食後歯磨きをする
  2. 歯間ブラシで掻き出す
  3. リステリンで口内洗浄する

これがベストです。またどうしても歯垢の臭いがきになるのであれば、歯医者へ行き歯石を完全に除去してもらいましょう。

モリンガ モイスト クリーンブレス プラスアクア
歯磨きをしてもガムを噛んでも口臭がヤバイと自覚していたらこの歯磨き粉がお薦めです。