歯間ブラシのあとは臭すぎる

歯間ブラシで取れたゴミは超臭い!?

歯間ブラシのあとは臭すぎる

歯間ブラシはデンタルフロスとも言われていて、歯と歯の間に糸を摺りこんでいって汚れを掻き出します。歯と歯の間というのは実はかなりスカスカであり、ビシっとくっついた歯というのはないようです。ですから、歯と歯の間がきっちりしているのは実は歯石になっている可能性が高く、虫歯や歯周病リスクを高めています。

毎日デンタルフロス、歯間ブラシを使ったケアをする

毎食後、必ず歯磨きをしている人はいますが歯間ブラシまで使っている人は少ないでしょう。歯間ブラシを使って歯の間のゴミをすべて取り除くと虫歯リスクは最大限低下させることが可能です。
また、歯間ブラシの糸が切れてしまうことがありますが、それは虫歯によって歯が削れていて糸を切断してしまった、という場合が多いです。

歯垢というのはすぐ石灰化してしまい、翌日には歯石となって固まってしまいます。これ予防するのが歯磨きや歯間ブラシのケアです。歯石になって固まってしまうと、歯医者で削らないと取れません。

毎食後だと歯を傷つけてしまうので、基本的には夜の歯磨き後に歯間ブラシを使うのがよいでしょう。特に最初は臭い場合があります。

歯間ブラシで書き出したものは臭い

歯間ブラシで掻き出すゴミは、とにかく臭すぎてびっくりします。こんなものが歯の間に挟まっていたのかと思うと口臭がきになるはずです。
歯では雑菌がかなり増殖していることが多く、ゴミがたまっているとそこで増殖して臭いを発します。口臭がひどい人はこのような場合も考えられるのです。

歯間ブラシだけでなく、歯医者での歯を削る作業ですら臭すぎて倒れてしまう程。マスクをしていてもあまり意味がないくらい臭い人もいます。

歯間ブラシでケアをして口臭の元、歯周病の元を改善する必要があります。

歯間ブラシで歯茎を傷つけないように

歯間ブラシにはまってしまうと、毎日歯間ブラシでケアしないと夜は眠れないし口が気持ち悪いという方が多くいます。しかしやりすぎてしまうと歯茎に糸が当たって血が出てしまうことも。もともと雑菌が増殖しているような歯間ですから、できるだけすぐに口をゆすいで清潔にしておきましょう。
ゆっくりと丁寧にデンタルフロスしてあげることが重要です。

また歯間ブラシでとれたカスを嗅いでいる人も実際多く、臭すぎるこの臭いがたまらないという変人とも思える方が出てきますが、これにはまってしまうともう歯間ブラシは手放せなくなってしまいます。
歯の健康には歯間ブラシは必須ですのでここまでマニアックにならずともぜひ定期的に使いたいですね。