電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシの機能比較と選び方

電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシは有名外国メーカーのものから無名のメーカーのものまでたくさん出ていますし、価格も随分と差があります。有名だから価格が高いというわけではなく、機能性がまったく違うからです。電動歯ブラシにも分類があり、どの程度まできれいになるかで価格に雲泥の差がでますので、どこまでデンタルケアをすべきか検討して比較して欲しいと思います。

電動歯ブラシの種類

電動振動式歯ブラシ

もともとこのタイプが電動歯ブラシです。ブラシ部分が電動式で震えて、この動きによって歯の表面を磨き上げます。安いタイプの電動歯ブラシはこれで、1分間に5000回の振動となります。
この程度だと手磨きだとしても大差ない場合があります。自分が楽をしたいという方向けの電動歯ブラシであり、安いものでも大丈夫です。

音波式電動歯ブラシ

最近の主流となっているのが音波式です。音波振動によって1分間に3万回以上振動します。これは既に手で磨くレベルを超えていて、音波式電動歯ブラシでないと汚れを落とせないという差まで出てくるほどのレベルになります。
価格は大体1万円を超えますが、それだけの効果があり、歯磨き後の歯のツルツル感は一度体感すると病みつきになります。

超音波式電動歯ブラシ

超高級な電動歯ブラシはこの超音波式になっています。超音波の場合は振動ではなく160~200万Hzという振動しないものになっていて、振動で汚れを物理的に落とすレベルを超えています。
これによって力技で落としていた汚れ以上にきれいになり、プラークなど細菌も落とすことが可能です。
歯医者が薦めているのがこの超音波式電動歯ブラシです。価格は2万円前後はします。

電動歯ブラシは時間短縮のために使うもの

日本では歯磨きの時間は3分はするようにと言われていますが、実際は7分以上やるほうが効果があると言われています。そのため、自分のブラッシングだけでは時間もかかり磨き残しも出てきます。

これを解消するのが電動歯ブラシです。振動数が多いので少ない時間でしっかり磨けます。また音波式電動歯ブラシ以上のものになると磨くということを真剣に捉えている方向けになります。
歯垢を出来る限りなくし、プラークも除去したいという方向けです。一生自分の歯でいたいと思ったり、口臭が気になる方は音波式か超音波式の電動歯ブラシを選びましょう。

メーカーでの電動歯ブラシの選び方

ブラウンやソニッケアなど電動歯ブラシ界では重鎮といえるような巨大ブランドがありますが、同レベルの電動歯ブラシを比較するとそれほど効果に大差はありません。
電動と音波式を比べること自体が無理がありますから、同様のスペックのものを較べてみるとほぼ同じような効果が期待できるので、どれを選んでも大丈夫です。

自分で宣伝文句を見て良いと思うものを選んだり、価格の差で選びましょう。また消耗品が高くつくかどうかもありますかせ、大手メーカーのもので消耗品がドラッグストアでも手に入るものにしましょう。あとはネットで価格比較をして最安値を買えば消耗品の節約が可能です。