ミュータンス菌とは

ミュータンス菌についてと殺菌、除去などについて

ミュータンス菌とは

ミュータンス菌は虫歯の原因になる雑菌です。これが増えてしまうと虫歯になってしまいます。ただの雑菌ではなくガンガン増えまくって自分たちの生活がしやすいように活動していますので、毎食後の歯磨きがいかに重要かわかるでしょう。

ミュータンス菌の発生

ミュータンス菌は虫歯菌の一つで、これがメインになって虫歯となります。ミュータンス菌は無数の雑菌とともに口の中に存在していて、砂糖などを栄養分として増殖していきます。
よく甘いモノを食べると虫歯になると小さい頃言われたと思いますが、実際にミュータンス菌は甘いもので生きているので、嘘でも例え話でもないのです。

ミュータンス菌が虫歯を発生させる

ミュータンス菌が口内でしっかりと安定するためにネバネバした物質を作り出すことがあります。これが歯垢です。別名プラークともいいますね。
歯垢が臭いという人がいますが、これは雑菌が増殖しているからです。臭いのは当たり前で、ミュータンス菌によって日々プラークは増えています。

これとは別に酸を出して歯を溶かします。これが原因となって虫歯に発展していきます。プラークが多くなればなるほどミュータンス菌は増殖しやすいわけで、毎日歯磨きをしてプラークを溜めないようにすることが大切です。

ミュータンス菌を殺菌・除去できるか

ミュータンス菌を殺菌したり、除去する方法は誰もが知りたい情報ですが、結論から言うとできないと考えられています。殺菌や減菌などは歯磨きをしっかりして清潔にすること、リステリンなどを使って口内環境を清潔にすることで可能です。

ただし確実にミュータンス菌をゼロにするということは不可能です。特に赤ちゃんにキスしたり、同じスプーンを使って食べさせたりするとミュータンス菌が移ってしまい虫歯になりやすいというデータもありますから、これは避けたほうが良いでしょう。

もともと細菌と一緒に生きているのですから、完全に殺菌して無菌状態にすることは不可能です。虫歯にならないようにしっかり歯磨きをする習慣をつけることが大切です。

ミュータン菌に負けないために

基本的に食後の30分経過後に毎回歯磨きしてください。
続いてデンタルフロス(糸ようじ)で歯の間を磨きます。これでかなりの歯垢が取れるはずです。
最後にリステリンなどのマウスウォッシュでゆすいで終了です。

歯の表面にある歯垢から歯間のものまできれいに落とすことでミュータンス菌の増殖を抑えることが可能です。