歯磨きの回数 1日何回が平均

1日何回歯磨きすればいい?

歯磨きの回数

最近はオフィスでランチ後の歯磨きをしている人が増えました。エチケットの意味でも歯磨きが行われることが多くなっていると言えますが、虫歯から歯を守ったり歯周病予防のためには1日何回歯磨きをすればよいのでしょうか。

1回目 朝起きた時に歯磨き

まず朝起きたらすぐに歯磨きするようにしましよう。寝ている間は唾液の分泌量が減って口内雑菌が爆発的に増えています。このことから寝起きの口が臭いことがわかると思います。
口がくさいのは夜食べたものの影響の他に、口内の雑菌によるものが大きいのです。

まずは食事の前に一度歯磨きをしておくことで口内雑菌を綺麗にすることができます。

2回目 朝食後

朝食後30分以上過ぎてから歯磨きをします。食後早く歯磨きしてしまうと口内環境が崩れて虫歯担ってしまう可能性があります。
食べたらすぐ磨くと子供の時に習っていると思いますがすでにそれは間違いなのです。

3回目 昼食後

ランチの後はエチケットとしての意味もあって歯磨きしている方が多いですね。これもできるだけ食後30分後まで待てるなら待ったほうが良いでしょう。

4回目 夕食後か就寝前

一日の最後、寝る前の歯磨きです。ここで歯磨きをしないでいると虫歯になる確率が一気に高まります。口内の唾液分泌量が睡眠中に一気に減ることで雑菌が増殖して虫歯を促します。

これを防ぐために寝る前は必ず歯磨きをしましょう。寝る前に歯磨きをすることによって口の中の雑菌を排除することができます。これで就寝中の雑菌増殖を最小限に防ぎます。

磨き過ぎも良くない

歯磨きの回数はだいたい4回程度で大丈夫です。夕食後と就寝前をわけて5回とする方もいますが、あまりにも磨き過ぎると歯自体が薄くなってしまう可能性があります。

特に食後すぐの歯磨きは口の中のPHが酸性になっているため歯の表面が削れやすくなっています。このため食後30分以上経過してからのほうがよいのです。

朝食後の歯磨きはなかなか時間的に余裕がないはずなので、マウスウォッシュで代用している方もいますね。