夕食抜きダイエット成功の秘訣

夕食抜いてダイエットを成功させましょう

夕食抜きダイエット成功の秘訣

夕食を抜くと本当に痩せます。現実的に考えても800kcal程度は摂取しないわけですから、そのまま続ければ10日間で1kg痩せる計算です。

夕食を抜くのが一番効果的なわけ

夕食後は普通寝るだけになるはずですので、運動することもなく食べたものがそのまま脂肪として蓄積される確率が非常に高いと言えます。
ひんな状態で800kcalも毎日摂取していたらそれは太ります。日中に歩いたりしていれば別ですが、最近ではデスクワークでほとんど歩かない人が増えていますから、間食をしていないのに年々体重が増えている、という人は基礎代謝以上のカロリーを摂取しているからです。

カロリーは少しずつ蓄積します。
基礎代謝1600kcalで、毎日1700kcalの食生活だったとすると、100kcalオーバーです。72日後には1kg太ります。要するに2ヶ月ちょっとで1kg増えるわけですから、1年間で6kg増える計算です。

寝ているときにエネルギーを蓄える

夕食後の睡眠ではとにかくエネルギーを蓄えようとします。体脂肪として蓄積されやすくなる時間帯になっているので当然と言えば当然ですよね。
だからこそ夕食を抜いてダイエットすると効果が現れやすいのです。

ただし夕食を抜くと深夜まで仕事が続かないと言う方も多いでしょう。そんな場合は早めに軽い食事を摂ることをお薦めします。

夕食を抜かなくても減らすだけでも効果あり

例えば7時半までには夕食を済ませて、内容はサラダとヨーグルトのみにするなど炭水化物を徹底して取らないようにすると脂肪の蓄積を抑えることができ、さらに胃にも優しい生活になります。

夕食後、起きている時間が長い人は夕食を抜くと辛いはずですので、このような低カロリーで低炭水化物の食事は取ったほうがいいでしょう。
単純計算で800kcalだった夕食を300kcalにするだけで毎日500kcal削減です。2週間で1kg痩せます。
少ないと思いがちですが、運動せずに減るわけですからこれはすごいことです。

夜運動する

夕食を抜くか、少なくした後は30分~1時間のウォーキングをお薦めします。当たり前ですがさらに体脂肪が減ります。
そもそも太っている今、無駄な脂肪が蓄えてあるのでそれを減らして行くことはある意味簡単です。夕食を抜いて800kcal減り、歩いて200kcal減ったとしたら1週間で1kg減ります。1ヶ月で4kg近くも減れば体系と顔つきが変わります。

運動はその場のカロリー消費で終わらず、その後もゆるやかにカロリーを消費し続けます。ということは夜運動すれば寝ているときにも少なからずカロリーを消費するということなのです。

もっと体脂肪を落としたい方は翌朝運動する

夕食を抜くダイエットをしていて、さらに体脂肪を減らしたい方は、朝食を抜いたり減らしたりするのではなく、朝食の前に運動するようにしてください。これも30~60分の運動でとても効果があります。

朝食前だとエネルギーを補給していないため、直接脂肪を利用してカロリーを消費します。食べてしまうと、血糖値が上がりそこでできるグリコーゲンを使って運動をしてしまうので、効果としては1.5倍ほどの差が出るようです。やはり無駄な脂肪をエネルギーとして使いたいですよね。

このように夕食を抜くダイエットはそれだけで効果的ですが、さらに運動を効果的に組み合わせることで素早く健康的にダイエットが成功します。