睡眠不足は太る原因

寝不足の人は太りやすい体質に変化していく

睡眠不足は太る原因

夜起きている時間が長ければ長いほど消費カロリーが多くなり痩せると思っている人が多いですが、実際は逆で太りやすい体質を形成し、結果的に太ることがわかっています。痩せたいと思っている方は睡眠不足を解消するようにしましょう。

ストレス発生で太りやすくなるホルモンが出る

睡眠不足になると平気なつもりでも体にはストレスがかかります。このストレスによって発生するのがコルチゾールというホルモンです。とても敏感であり、ストレスが加わるとすぐに発生します。

コルチゾールは脂肪を貯めこむ性質があるため、これを解消すか、発生しないようにストレスを溜めないようにする必要があります。睡眠不足であるだけで脂肪が溜まりやすくなってしまうため、普通の食生活をしていても当然太りやすい体になってしまいます。

睡眠不足で食欲旺盛になる

睡眠時間が短くなると食欲を刺激するホルモン「グレリン」が増え、食欲を抑制するホルモン「レプチン」の分泌量が減ります。単純にたくさん食べてしまいがちになってしまうのです。

いきなり食事の量が増えるのではなく、少しずつ食べる量が増えたり、間食してしまうケースがあります。起きていれば消費カロリーがその分増えるのではなく、食べる量が増えてしまうのです。何もしないで座っていたり横になっている時に消費する基礎代謝はたかが知れていますから、食欲が出て食べてしまった分のカロリーは1時間走っても消費することは難しいでしょう。
それほど睡眠不足はダイエットの敵なのです。

脂肪分解のための成長ホルモンが不足する

寝ているときに私たちの体では成長ホルモンが分泌されます。これは強い体を作ったり、傷ついた体を修復する機能があります。そして脂肪を分解するためのホルモンもしっかりと分泌されるのです。

しかし睡眠不足である場合はこの成長ホルモンがしっかりと分泌されないため、脂肪の分解は正常には行えなくなり結果的に太ります。

寝ている人、寝ていない人の太り具合

寝ている人は食事の量も適正にすることが可能で、脂肪を分解し、溜め込まずスムーズに消費できます。

寝ていない人は食べ過ぎる可能性があり、脂肪を分解しにくくなることと、さらに脂肪が溜まりやすい体質になります。

結果的に睡眠不足の方は太りやすい体質を形成してしまうということです。食事も3食きっちり食べて、運動をして気持よく眠るという当たり前のサイクルがダイエットにとって一番大切であり、私たちの正常な体を作り上げているということなのです。