ストレスがあるときはダイエットできない

ダイエットはストレスで続かなくなる

ストレスがあるときはダイエットできない

ストレスが日々ある場合、ダイエットはなかなか成功できないでしょう。ダイエットに成功すると自分がなりたい体型になれてストレスから開放される可能性がありますが、数日で結果が出るダイエットはまずないので、日々のストレスの中で食事制限や辛い運動というストレスが加わります。

このため、ストレスが日々ある場合はダイエットによるストレスが加わるので、ダイエット辞退が続かなくなる可能性が大きいです。実際に私が毎日ストレスが続いて食事制限がなかなかうまく行かなかった過去からお話します。

ストレスは仕事、プライベート常にかかりつづけた

ワタの死ストレスは仕事全般、さらにプライベートでも大きなストレスが加わり、常にストレスでイライラすることが多かった時期でした。ストレスが多いとどうしても代謝が落ちます。体も活性酸素が増えてサビてきます。

その上で食べたくなる炭水化物を減らして食事制限をしていくと、ストレスがさらに加わります。いつもストレスがかかっているのにもかかわらず、その上食事制限のダイエットのストレスが加わると、何を最初に捨てるかというとやはりダイエットなんですよね。

ダイエットは別にしなくても生きて行けますし、ある意味自己満足のためにやることですが、日常生活における食事という当たり前の行為に対してストレスがかかり続けるというのは、もともとストレスが大きかった人にとっては大きさが違います。

気分的に優れている時にダイエットをすることは少ない

ダイエットはネガティブな気持ちから、自分の理想の体型になるポジティブな方向に向かって動き出すものです。だから最初はデブな自分が嫌で始めます。

ということは、現状に不満があるということでこの時点でストレスがかかっています。けっこうの頻度でダイエットを始める時というのはネガティブでストレスがかかっている状態から始まるのです。

だからこそ、デブという部分におけるストレス以外に大きなストレスがある場合、ストレス過多になってしまってダイエットから辞めることになります。

要するに仕事を辞めることはなずできないし、友人や家族を簡単に取り替えたり捨てたりしてストレス解消をすることはできません。だから自分で作って最近のストレスであるダイエットをまず最初に捨て、断念するのです。

できるだけ日々の生活が安定している時に始める

ストレスがあると食べたいものを食べて満足感が得られます。よってデブになる可能性が高いと言えます。だからネガティブレベルからのダイエットスタートなのですが、できればストレスがなく、生活に負担がかからない状態からダイエットを始めたほうが成功率は高まります。

これは精神的な安定と時間の確保、これができれば成功するということです。

もしいまイライラすることが常日頃つきまとっているなと思ったら、ダイエットは続かずに断念することでしょう。