舞茸の脂肪燃焼ダイエット効果 舞茸のメタボ解消効果

舞茸の脂肪燃焼ダイエット効果

まいたけはきのこの中でもボリュームがあり安く買えていろいろな料理に使えます。実は舞茸には脂肪燃焼を促進してメタボ解消に効果的なことがわかっています。最近は落ち着いていますが、テレビで舞茸のダイエット効果が放送されたときはスーパーから舞茸がなくなったほどでした。

舞茸だけが持っているダイエット効果とは

舞茸には「MXフラクション」という成分が含まれています。ほかのきのこには含まれていない舞茸特有の成分です。

「MXフラクション」の効果としては、中性脂肪や血液中の悪玉コレステロールの分解を促進させる効果があります。これによって成人病予防になるほか、メタボ解消にかなり効果的な働きが得られるとされています。

全体的に見ると舞茸を食べることによって脂肪分解を促進するため脂肪燃焼が効率化して内臓脂肪が燃えやすくなります。
特に運動をしなくても舞茸を毎日食べるだけで内臓脂肪が減ったりするのはこのためです。日常的な歩いたりする運動を内臓脂肪で消費してしまうのです。

舞茸の食物繊維の量はごぼうの五倍

舞茸は食物繊維の量が多くごぼうの五倍もあります。食物繊維は便通がよくなるだけだと思いがちですが、実は脂肪がつきにくくなるのです。

腸の活動が活発になることによって、脂肪など無駄なものを吸収させる前にどんどん排出していきます。これによって無駄な脂肪が体内に蓄積しなくなり、結果として体脂肪がつきにくくなります。
ダイエットで食物繊維が重要なのはこのためなのです。脂肪や糖などは腸内環境が整っているとそれほど吸収されないのです。

メタボの内臓脂肪にまいたけが特に有効

これまで書いたとおり、まいたけは血糖値を下げたり内臓脂肪を減らす働きがとても強い食べ物であることがわかります。ですから中年のメタボ腹などはまいたけを毎日食べることによってかなり改善される可能性が高いです。

舞茸を食べつつ、毎日1駅歩いたりすればそのメタボ解消効果はさらに高まるでしょう。

ただし注意点としては皮下脂肪を劇的に減らすということは難しいということです。舞茸は内臓脂肪や血糖値が高い方には何よりもお薦めです。

実際にザ・タッチがまいたけを食べるだけで痩せた

テレビ番組でザ・たっちという双子のコメディアンがふたりで普通の食事とまいたけの食事でどれだけ体重に差がでるか、という実験を行いました。すると、普通に調理したまいたけを食べた方は運動もしないで痩せていました。

舞茸事態に脂肪燃焼効果があるため、普通に食べていても痩せてしまうのですね。特に最近は私の自宅でまいたけの味噌汁を良く食べるようになりました。舞茸は手でほぐすだけでよいので、味噌を溶かしてそのまま食べられる、ということでとても簡単な調理で味噌汁ができあがり、しかも脂肪燃焼してダイエット効果が期待できるということで、調理にもダイエットにも味方になってくれます。