テレビを見ながらの食事で太りやすくなる デブ

食事中のテレビが太る原因

テレビを見ながらの食事で太りやすくなる

食事中はテレビをみない、という厳しい家庭は少なくなってお茶の間のテレビは食事中もずっとついているということはないでしょうか。これが実は太りやすい原因だったりします。

しかも同じ食事をしていたとしてもテレビを見ながらの食事のほうが太りやすくなるのが面白いです。というよりも太りやすい食べ方になってしまうというのが正しいですね。できれば食事はテレビを見ながらではなく、しっかりと味わって食べたほうが良いでしょう。

なぜテレビを見ていると良くないのか

テレビを見ながらの食事だと神経がテレビのほうに向かってしまい、あまり味を感じにくくなってしまうと考えられています。よって、毎日食べる食事が濃くなっていきがちであると言われています。
食事が濃くなれば当然太りやすくなってしまいますし、味わって食べていないことになるので量も多くなりがちで抑制出来ない場合もあるとのこと。

テレビをつけていてもいいですが、常にテレビを見ていて食事に関心を向けていないとよくないということですね。

また家族との会話なども弾み、食事の時間が長くなることで、インスリンがゆっくりと出てくるのに合わせて食事が終わるため満腹感と満足感が得られます。まだもう少し食べたいな、という感覚が減るので食べ過ぎを防ぐことができます。

食事が終わったら食べ続けないようにする

食事が終わったとしても、テレビが付いているとそのままそこにいて、テレビを見ながらつまみ食いしてしまう方はいないでしょうか。特に実家ぐらしをしている方はこの傾向が強いようです。
食べ終わってテレビを見るときは片付けてしまって、ついつい食べてしまうという過ちを犯さないようにしましょう。