タバコを辞めて太る原因 禁煙

タバコと肥満の関係

タバコを辞めて太る原因

タバコをやめると太りやすい、ということは昔から言われています。逆に言えばタバコを吸っているときは太りにくいと考えられることもあります。実際にタバコをやめるとご飯が美味しく感じてたくさん食べてしまうということは事実であり、太りやすいことも事実です。

ではなぜタバコをやめて食べ過ぎてしまうのか、本当に太ってしまうのかなどを考えていきましょう。普通にしていたら禁煙で太る可能性は非常に高いでしょう。

なぜタバコをやめるとご飯がおいしくなるのか

食べ物が美味しく感じられるようになる

タバコをやめるとご飯が美味しく感じられる、というのは当然のことと言えます。
タバコを辞めることによって呼吸器系や消化器系の機能が改善され、臭覚や味覚が敏感になってくるからです。それだけタバコによって器官自体が正常な機能をしていなかったとうことです。

これによって味の繊細さがわかってきます。美味しいものがより美味しく感じられればたくさん食べたいと思うのは当然であり、食欲も増進されて太っていきます。

タバコがなくなって口さみしくなる

毎日吸っていたタバコがなくなると口さみしくなってついついお菓子などを食べてしまう、ということはよくあることです。タバコ自体の中毒性とともに、手持ち無沙汰を解消するためのものでもあり、それがなくなってしまうと食べるというこういがそれに取って代わります。

これで太る人はかなりいるようです。タバコを吸うという行為がなくなることでストレスがたまり、その結果して食べるという行為に置き換わります。

禁煙後のダイエット方法

禁煙すると太りだすのでどうにかダイエットして体重を抑えたいという方がほとんどです。
食事の場合はゆっくりと何度も噛んで食べることです。噛むことで満腹中枢が刺激されるほか、時間をかけてたべることでインスリンの分泌スピードに合わせて満腹感が増していきます。早く食べてしまうとこれらの機能を十分に実感できないまま満足度が低く食べ終えてしまい、結果として別の何かを食べてしまいます。

またタバコを吸うことの代わりとなるような間食も必要になります。低カロリーゼリーやガムなどを併用してください。お菓子やジュースはカロリーと砂糖が多く、確実に太ります。
低カロリーでヘルシーなものを間食するようにします。ここで重要なのは間食しないのではなくすることです。これによって無駄な食事量を増やさなくて済むからです。

タバコでメタボになる

そもそもタバコを吸っていると食欲も減ったり味覚や臭覚が衰えて食べなくなり痩せるとも考えられていますが、タバコを吸っている人はメタボ発症率が1.37倍というデータも出ています。
1日40本以上タバコを吸っている場合は3.4倍にもなるとのこと。

タバコの発がん性の危険も同時にあるわけで、タバコをできるだけ早くやめることが自分にとっても家族にとっても重要であることは間違いありません。