ダイエットのための夕食の時間 早く食べる

夕食の時間を早くしてダイエット

ダイエットのための夕食の時間

夕食を抜くダイエットが一番効果があります。一食抜くダイエットや置き換えダイエットがありますが、夕食以外を抜く意味はほとんどありません。ただ夕食もちゃんと食べて普通の生活をしながらのダイエットがベストです。

一生夕食を食べない生活はできないからで、元に戻した途端、リバウンドすることは確実だからです。では夕食を食べても太りにくい方法は何かというと、時間も関係しています。
当然遅い時間に食べれば睡眠時間と近くなるのでダイエット効果どころか太る原因にもなります。

夕食時間を早くしてダイエットする方法や効果などを詳しく解説していきます。

夜6時までに夕食を食べるのがベスト

私たちの体は体内時計でしっかりとコントロールされていると、夕方6時から夜中の2時までの間はたんぱく質『ビーマルワン』が活動的になります。
これは食べたものを脂肪として蓄えるように働くたんぱく質です。このことから夕方6時以降に何かを食べると脂肪として蓄積しやすくなります。

逆に夕方6時前までに食べたものは脂肪としてつきにくいのです。

このことから夕食は夕方6時までに食べてしまうのがベストです。できるかぎり脂肪として蓄えずに栄養を効率的に吸収してエネルギーとして使えるようにしたほうが良いのです。

夕方6時までに夕食を食べるのが無理な方は

夕方6時になると一気にビーマルワンが増えるわけではありません。徐々にふえていきますので、6時を過ぎてしまってもいいのでできるだけ夜8時までには食べ終わるようにすとよいでしょう。一般的に仕事をしていると夕食を6時までにたべるというのは難しいでしょう。

もし夕食は6時までに食べられるという方はカロリー調整や炭水化物調整をしつつ、6時までに食べ終えるようにしてみましょう。脂肪がたまりにくくなり、運動を併用するとかなり痩せる可能性が高まります。