野菜から食べて痩せる方法 血糖値が上がりにくい

先に野菜を食べると太りにくい

野菜から食べて痩せる方法

最近は食べる量を減らすのではなく、食べる順番を意識することで太りにくくするダイエット方法があります。代表的なものは野菜から先に食べるというものです。食事の時間は1時間もないのに、食べる順番を変えるだけで太りにくくなるのか、という疑問が沸いてきますが、野菜を先に食べるだけで実際に太りにくくなり痩せやすくなります。

白米から食べると血糖値が急上昇する

炭水化物で糖質である白米から食べてしまうとそれだけで血糖値が急上昇してしまいます。血糖値が上がると体ではインスリンが多く分泌されて、脂肪として溜め込もうとします。
これを抑えるには炭水化物自体を食べないようにすることです。

しかしそうもいかないので、食べる順番を変えるわけです。
最初に野菜から食べることで血糖値をゆるやかに上げていくのです。

サラダから食べると血糖値上昇はゆるやかになり脂肪がつきにくい

白米と野菜のどちらを先に食べるかの実験をすると明らかに違いがわかるデータが出ています。
さらには血糖値のピーク値が全く違います。野菜から先に食べたときの血糖値のピーク値は白米から食べた場合の血糖値ピークの半分程度です。

血糖値のピークが半分で抑えられるということは、当然ですが脂肪として溜められる量もそれだけ減るということです。

野菜から先に食べると満腹感が出る

野菜から先に食べることで、時間が経過するためその間に満腹感が出てきます。さらに食物繊維によって余分な脂肪の吸収を抑えます。

ご飯を先に食べてしまうと脂肪は蓄えられても満腹感は感じられないことが多く食べ過ぎてしまいます。

昔は満遍なく順番に食べるのが良いとされていた日本ですが、ダイエットのためにも健康のためにもサラダから最初に食べて、肉や魚などを食べ、最後にご飯というような偏った食べ方のほうが健康的であるということが科学的にもわかってきているんですね。

普通に食べて太りにくくダイエット効果もあるならまずは野菜から食べることを意識してみるのがよいでしょう。