風邪や病気で痩せて嬉しい 筋肉が落ちる

病後の体重減少は筋肉が落ちただけ

風邪や病気で痩せて嬉しい

風邪や病気の時に食欲がなくなって食べる量自体が減れば当然ですが体重もどんどん減ります。同時に顔はやつれた感じになっていきますよね。体重が減ると体調不良が原因だということがわかっていても人によっては嬉しいものです。苦労してダイエットしたわけではないですからね。しかしこれがまたすぐにリバウンドしてしまうんです。

なぜなら体調がよくなったら食事量も当然増えるからです。逆に食事量が増えない場合はさらに体調不良を起こす場合があります。

食欲がなくて痩せている場合は筋肉がなくなっている

食欲がなくなって食べる量が減った場合、体はエネルギーが不足するため脂肪を燃焼しそうに感じますが実際には脂肪と一緒に筋肉も落ちています。しかも逆に筋肉のほうが減っていきます。

なぜなら筋肉がついているだけで基礎代謝が増えて必要となるエネルギーが多くなるからです。まずは基礎代謝を落とすために燃費の悪い筋肉を減らしておくのが体の働きです。

基礎代謝が落ちればその分必要なエネルギーが減るので命の危機に近づかなくなります。その後、脂肪が使われていきますが、同時に骨の減少や体内水分の減少なども進むのでどんどんやつれていきます。

しかしこのような状態までいくことはなく、そんなに餓死寸前よりもだいぶ前に風邪などは治って普通の生活を送っているはずです。

筋肉が無くなっただけの体重減少はリバウンドが激しい

風邪や病気で食欲がなくなって体重が減ると、基本的には筋肉量が減って基礎代謝も落ちています。

そして元気になった時に食欲も戻ってきて食べ始めると、療養中にエネルギーが不足していたため脳は飢餓状態であったと勘違いしているため、食べたものをできるだけ体に溜め込もうとします。この溜め込もうとするものが脂肪です。

しかも筋肉は食べたから増えるものではないので、筋肉になるわけではなく、非常用の脂肪としてほとんどが溜まってしまいます。これで一気にリバウンド。しかも元々あった筋肉は減ったまま脂肪だけが付いてしまいます。

元気になったら運動もして体力をつけていく

療養して体力が戻ってきたら、散歩やウォーキング、軽い筋トレなどをして体力をつけていきます。食べることで栄養もしっかり補給されますから、運動によって筋肉のリハビリにもなりますし、無駄に脂肪として貯めこませないように肥満予防も同時にできるでしょう。

風邪を引いて痩せたのは筋肉が無くなってしまったのだ、ということを念頭に置いて運動をしていくことが重要です。太りたくないからという理由で食べる量を減らすのはそこから一気に負のスパイラルに陥り、筋肉のない太りやすい体を作るきっかけとなってしまいます。

また抵抗力もなくなって風邪をひきやすくなったり病気にかかりやすくなります。