スクワットのダイエット効果 スクワットのダイエット効果

スクワットは有酸素運動よりもダイエット効果が高い

スクワットのダイエット効果

筋トレでダイエットするのはとても大変です。筋トレをするなら有酸素運動をしたほうが確実に体脂肪を燃焼させます。しかし筋トレをお薦めするのは、筋トレ中の消費カロリーよりも筋肉がついたあとの基礎代謝アップのほうです。リバウンドしたくないなら、筋トレを欠かさないようにしましょう。

体で一番大きい筋肉は脚

体の中で一番大きい筋肉は脚です。当然二足歩行していて長時間使い続ける筋肉だからこそ大きくて強くないと日常生活で耐えられませんよね。

そして消費カロリーが大きいのは筋肉の量が大きい部分です。すなわち、一番大きな脚の筋肉を使うとそれだけ消費カロリーが高くなるということです。
また筋トレをしていないときも、脚の大きな筋肉がついているほど基礎代謝による消費カロリーが高くなります。

スクワットは特に消費カロリーが高い筋トレ

スクワットは脚の筋肉の強化だけでなく姿勢を維持したまま上下運動を行います。また、スクワットをしていると当然ですが息切れするでしょう。

スクワットによる筋トレでは大きな筋肉を使うことによる消費カロリーと同時に、有酸素運動に近い激しい呼吸によってさらに消費カロリーが上乗せされています。
筋トレの中で最も消費カロリーが高いのがスクワットです。

スクワットと一緒に別の筋トレもする

スクワットをすると脚の大きな筋肉が使われて下から血液が上がっていきます。血流が良くなることで、例えば腕立てをしたときの筋トレの効果が相乗的に高まります。

筋トレの効果というのはいかに筋肉に血液が流れるか、という部分が重要になります。血流がよくなった筋肉にはたんぱく質が送られ筋肥大の効果が高まるからです。
ジムで本気で筋トレしている方には当たり前ですが、これから筋トレをする方はスクワットと同じ日に腹筋や腕立てなども取り入れてみましょう。

体重だけのスクワットでは脚は太くなりません

筋トレして脚が太くなるのは嫌・・・と思っている女性がほぼ全員だと思いますが、実際体重だけでスクワットをする場合は筋肉は太くなりません。逆に筋肉がついて脚の脂肪が落ちたり、筋肉のすきまにある脂肪が燃焼されて細くなります。

筋肉が太くなるためには体重レベルでは無理で、自分の体重と同じだけのバーベルなどを担いでスクワットをしない限りは大丈夫です。もしスクワットして脚が太くなった気がする、という方は脂肪が落ちていないだけです。

スクワットをすると筋肉がついて部分痩せします。部分痩せはしないという人もいますが、ちゃんと筋トレすれば筋肉がついている部分は脂肪がつきにくくなります。ですから途中で諦めることなく、1日おきくらいでスクワットを半年は続けてください。脚は太くなることはなく細くなっているでしょう。

スクワットをした後も脂肪燃焼が続く

息が切れるほどハードにスクワットができるようになると、成長ホルモン分泌が高まります。例えば、10秒間本気でスピードを上げてスクワットをし、20秒間休む、というハードなスクワットをたてつづけに10セットやることで、成長ホルモン分泌がピークになります。

成長ホルモンが分泌されると脂肪代謝が促されます。しかもその場だけでなく運動が終わったあともずっと燃焼し続けるのです。これによって30分60分と長い時間有酸素運動をするよりも効率よく脂肪を落とすことができます。

しかも自分の体重だけではどんなに勢いをつけても脚の筋肉を大きく太くなりません。太くなったかも、と思うのは、筋肉がついた上に脂肪がまだ残っているからです。無駄な脂肪を落とすためにもスクワットをやらない手はないということです。