ウォーキング(徒歩)の消費カロリー 歩き

徒歩の消費カロリー

ウォーキング(徒歩)の消費カロリー

歩くだけなら誰でも毎日できるし、運動として考えなくても仕事のときや出かけるときなどに歩きます。では徒歩がどれだけの消費カロリーがあるかを見ていきましょう。

徒歩の1分間の消費カロリー

徒歩と言っても色々な速度で歩けますから、当然ですが早く歩いたほうが消費カロリーは高くなります。特にぶらぶら適当に歩いているのとかなりの早歩きでは4倍近くの差が出てきます。

例えば300kcal消費するためにはぶらぶら歩きでは116分かかりますが、かなり早い歩きですとたった30分です。

このように歩くときもしっかりと意識してあるくだけで消費カロリーが違うのです。

長く歩く必要がある

300kcal消費するためには普通に早歩き程度の速度だと1時間近くかかってしまいます。これでは全然痩せないですよね。1時間ウォーキングしたとしてもたった300kcalですから。
しかし裏を返せば1時間のウォーキングを朝晩続ければ、毎日600kcalも消費します。10日で1kgの脂肪が減る計算です。

このことから、徒歩やウォーキングは消費カロリーが少ない分、時間を費やす必要があるのです。逆に言えば、ハードな運動をしなくても毎日1時間や2時間のウォーキングだけで確実に脂肪はへっていくということです。

歩くのは誰にでもできる

最近運動不足だから・・・というのは言い訳であり、歩くことは毎日だれもがしていることです。それを1時間続けるだけです。
徒歩だけで痩せるのは無理と思われガチですが、時間をちょっとかけるだけで体への負担が少なく誰でも痩せることができるということです。

ウォーキングによるダイエットはこのようなメリットがあるということです。時間がかかるデメリットを考えれば、時間があれば誰でもただ歩くだけでやせることができるということなのです。

もし運動が苦手、という方であれば、毎日1時間のウォーキングで長期的にダイエット計画を立ててみてくださいね。